日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

空手道指導の手引

 事業名 空手道の普及振興
 団体名 全日本空手道連盟 注目度注目度5


(3) 基本技術を学ぶ上での共通課題とその練習法

小学生に、突き・蹴り・受けの攻撃や防御の基本技術を指導する上で、特に身につけさせたい共通の課題として、A.正しいフォーム、B.正しい力の発揮とリラクセーション、C.極め、D.残心の4つを選んだ。これらは組手や形においても重要な練習課題である。

A. 正しいフォーム

これは、構えのフォームと動きのフォームの双方を含む。特に立ち方、姿勢、視線、技の動作、腰の入れ方がポイントとなる。

立ち方では、足の位置、爪先の方向、両足の縦と横の幅、重心の位置、膝の状態が大切である。

姿勢では、上体が前後左右に傾いたり、緊張して肩が上がったりしないように注意する必要がある。

視線に関しては、初心者は、動作を行っている腕や足の動きに集中しがちであるが、動作をおぼえたら早い段階で視線を正面に向ける。

腰の使い方は、基本での逆突きや組手でのきざみ突き、逆突きで述べる。

[練習法]

技の動作をゆっくり行ったり、技を下記のBの練習法のように1]〜5]に分解したり、鏡の前で練習したりすることが有効である。

B. 正しい力の発揮とリラクセーション(以後力の発揮と略す)

動作をスムーズに行うには、主として働く筋肉(主動筋)に対して、逆方向に作用する筋(拮抗筋)をできるだけ働かせないようにすることが重要である。

突きの伸展では、腕伸筋群の上腕三頭筋が主動筋として働き、腕屈筋群の上腕・上腕二頭筋が拮抗筋として作用している。

[練習法]

まず、a.突き・受けを写真のように1]〜5]に分解して、各動作のポイントを確認する。次に、b.各ポイントを確認しながら、一連の動作をスムーズに行えるようにする。そして、c.それらのポイントを確認しながら、ゆっくりな速度から徐々に速度を上げていく。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
86位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
143,137

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「第26回 全日本空手道選手権大会」パンフレット
2.「第26回 全日本空手道選手権大会」成績
3.「世界選手権大会」報告
4.「アジアジュニア空手道選手権大会」報告
5.「空手道の普及振興」の報告書
6.全日本なぎなた選手権大会
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から