日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第59号

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


061-1.gif

一人で演じるシンプルなサーカス団、シルク・イシ[撮影=Philippe CIBILLE 提供=姜栄曙]

 

ヌーヴォー・シルクのグループには、動物がいないのがふつうである。彼らは新しい道具を考案し、新しい芸を編みだし、新しい見せ方を模索する。前述のカナダのシルク・ドゥ・ソレイユに比べたら、どのグループも比較にならないほど小規模だが、その内実はシルク・ドゥ・ソレイユ以上に近代サーカスの歴史を大きく塗りかえるにふさわしい意匠と工夫に富んでいる。その方法論を一口でいえば、領域横断的、というより、既成の領域を無限に異化し無化しているといったらいいだろうか。ヌーヴォー・シルクの代表格として一時人気をさらっていたアル・カオスは、ヘヴィメタ調のロックが鳴り響くなか、皮ジャン姿の芸人がオートバイのエンジンを炸裂させながら突っ走ってテントに現れたし、レ・ザル・ソーというグループは野外に築かれた巨大な金属製の構築物をつかい壮大な空中アクロバット芸を展開した。

シルク・バロックやレ・コルポルテールは、そのへんの演劇や舞踊が色褪せて見えてしまうほど観客の想像力を刺激する演出をする。シルク・バロックは、『カンディード』という作品をもって来日する予定である。これはヌーヴォー・シルクが近年産みだしたもっとも充実した作品のひとつだろう。わたしは、スコットランドのエディンバラで、テント公演のこの作品を見たが、シュールでイメージの喚起力のつよいサーカスに衝撃をうけた。これは、子供のためではなく、大人のためのサーカスである。場面によってはかつての寺山修司の「天丼桟敷」の舞台を思い出した。パリのディレットというところで見たレ・コルポルテールもまたシルク・バロックのような演劇的なつくりをする。シルク・バロックほどのスケールはないが、アイディアにあふれたセットや歌や踊りを多用しながらミステリアスな舞台をつくる才気はなかなかのものだ。どちらの公演でも、若者から中高年までの幅広い観客層が、テントのなかで演技と一体となり熱狂していた。

ヌーヴォー・シルクとして初めて来日したシルク・イシは、芸人がたったひとりのサーカスである。彼の演技のひとつに、紙ヒコーキを折って、空中にヒョイ!と投げ、宙で一回転したヒコーキが腕に止まるというのがあった。あまりに単純すぎる。でも、こんなサーカス、今までだれが考えただろうか。もっともシンプルなものがもっとも創造的である、ということもある。シルク・イシは芸人はひとりだが、楽器を演奏するミュージシャンが四人いて、四人とも舞台にでて芸を見ながら即興的な演奏をつづける。禁欲的な風貌をした芸人の身体の動きと、四人の音楽が不可思議に呼応する。これを「サーカス」と呼んでもいいし、呼ばなくてもいい。今までにないオーラを、そのパフォーマンスが発散していること確かだ。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
139位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
90,636

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.豪雪地 渋海川流域の民家とその環境
2.越前大野の城下町と町家
3.旧中林綿布工場保存活用調査報告書
4.自然と文化 第58号
5.自然と文化 第60号
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.シルクロード地域 各国観光情報収集調査 トルコ・シリア編 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から