日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第59号

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


芝居のような演技とアクロバットは、一見相入れないように思えるが、意外に矛盾しないものである。中国の伝統演劇や、イタリアでかつて栄えたコメディア・デラルテでも、芝居の役者が軽業を見せるから、フィジカル・シアターの方法論は珍しいことではない。フィジカル・シアターはすでに、ジャンルとしてかなり定着しているようである。サーカス芸の雰囲気をいろ濃くのこしているものもあれば、サーカスの祝祭的な雰囲気は消え失せ、文字通りの「フィジカル・シアター」、つまり身体を駆使しながら物語構造を浮かびあがらせるという傾向のものもある。その多くは風刺や皮肉を効かせたコメディ調だが、「DV8」のように強いメッセージ性をもったクリエイティブなグループも存在する。

 

◎今という時代のサーカス「ヌーヴォー・シルク」◎

 

060-1.gif

シルク・バロックの公演作品「カンディード」より。[撮影 丸山智 提供 世田谷パブリックシアター]

 

サーカス界変貌の大きなうねりは、イギリスよりもフランスで起きている。ヌーヴォー・シルクといわれるたくさんの新しいサーカス団の出現である。どうして、それがフランスで起きつつあるのか。フランスではもともと、サーカス、大道芸、放浪芸、アクロバット、パントマイム、道化芸などが人々のあいだで愛され育てられてきた。ここでは、演劇や舞踊などの「高尚」なアートばかりでなく、豊かで大衆的な身体文化が根付いてきたのである。国中に私立のサーカス学校がたくさんあり、国立のサーカス学校も一九八五年に生まれている。そんな環境のなかで、わが国だったら演劇を志したりロックミュージシャンになりたがる若者がいるように、フランスでは十代のころからサーカスを志す若者たちがいる。塾通いの少年少女は日本列島にいくらでも溢れているけれど、「サーカスをやりたい」などという少年少女はいったい何人いるだろうか。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
140位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
90,375

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.豪雪地 渋海川流域の民家とその環境
2.越前大野の城下町と町家
3.旧中林綿布工場保存活用調査報告書
4.自然と文化 第58号
5.自然と文化 第60号
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.シルクロード地域 各国観光情報収集調査 トルコ・シリア編 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から