日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第59号

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


この小屋は中荷といっている。本来、小屋は大きさと興行する種類によって三つにわけられ、曲芸、サーカスを興行するため大きな小屋を大荷(おおに)、見世物の中くらいの小屋を中荷(ちゅうに)、さらに手品などの小物である。

見世物小屋の内部は、舞台とお客が見るカケアガリに分かれる。サーカスの場合は、カケアガリが大きく、舞台の前のほうには茣蓙を敷きその上に座布団を敷き座る。その後ろには傾斜のついた立ち見席を作ったという。かぎられた空間を最大利用している。

二日間で小屋掛けは完成する。祭りの当日の午前中、大鳥居から八〇メートルくらい続く参道の両側には、いろ鮮やかなテントで設営された露天商がギッシリと軒を並べていた。午後からの準備に大忙しで、働く人々に殺気立った緊張感がみなぎっていた。

 

◎大野裕子さん◎

 

荷方と歩方………昔、靖国神社では今のように桜の木がなかったので、サーカスが二軒出ていました(見世物小屋を入れると十軒)。興行ができないように戦後植えたんですよ。戦後、十余年間、店は出なかった。御霊祭りには人も少なくなってしまったので、神社の方で慌ててたのみにきた。ここ二十年はこういう形態です。今はここに水があるからとか、電気があるとか、使ってくださいととても親切です。祭りや縁日に出店する露天商には、ジンバイとコロビがいまして、前の日当たりから店を出せるのが地元のジンバイで、当日店を組み始めるのがコロビで、地方からくる人が多いです。私たち東京で興行を打つ場合、西村さんの松坂屋と坂田春夫さんの会津家さんの分方にお願いします。分方さんのなかにはコロビ(露天商)の権利もあり、興行の権利を持っている人もいます。昔はその方が多かったのではないでしょうか。現在、興行する人が少なくなってしまっていますから、露天だけになってしまいます。

 

020-1.gif

お化け屋敷の木戸に立つ大野裕子さん

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
140位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
93,788

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.豪雪地 渋海川流域の民家とその環境
2.越前大野の城下町と町家
3.旧中林綿布工場保存活用調査報告書
4.自然と文化 第58号
5.自然と文化 第60号
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.シルクロード地域 各国観光情報収集調査 トルコ・シリア編 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から