日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

バスの活用による都市交通の円滑化に関する調査報告書

 事業名 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


効果・影響、問題・課題 等

導入による効果、影響

●駐車場利用状況

パークアンドバスライドの駐車場利用は、運用開始当初は1日平均わずか4台程度であったが、1年後の昭和57年3月時点では1日平均21台、昭和60年9月時点では1日平均41台の利用と増加傾向にあった。

しかし、現在は、放置車両が多くなっており、本来意図したパークアンドバスライド利用が少なくなっている状況である。

●バス利用状況

導入当初は、バス専用レーンの設置に伴い市中心部までの所要時間が短縮され、かつ定時性が確保されたことによりバス専用レーンを運行するバスの利用客は大幅に増加した。尚、導入5ヶ月後の8月20日には増便(2便)され、昭和57年12月には『県庁前』直行便の新設を行っている。

●走行速度の向上

広島ランプから徳島駅までのバス平均運行速度は、導入前は9.8km/hとなっていたが、専用レーン実施後は25km/hと大幅に向上した。

●所要時間の短縮と定時性の確保

導入前はピーク時に駐車場から徳島駅まで1時間近くもかかっていたが、導入後は20分余りで到着可能となり、所要時間は40分程度短縮された。

●マイカー交通への影響

バス専用レーン化により一般レーンを含む交通流が非常にスムーズになり、マイカーの所要時間も大幅に減少し、11号バイパスで従来より25分、旧道で20分も短縮された。これは交差点の改良やマイカーからバスへの転換のほか、AM8:30以降は専用レーンが解除されるため、市街部流入方向が2車線となり、容量が増えたことが一つの要因と思われる。

●バス利用圏域の拡大

●通勤者の便益:

P&BRシステムの実施によって北部地域の通勤者は年間1億4,300万円の価値に相当する便益を享受した。特にバス専用レーンの設置に伴う通勤所要時間短縮による効果は絶大であり、バス通勤者はもちろんマイカー通勤者にとっても多大な便益をもたらした。5)

●バス会社の収益

バス専用レーン関連区間におけるバス会社の収益は確実に向上した。バス運賃の増収率は5.8%、1日当たり平均乗客数の増加数は198人である。5)

●P&BRシステム利用者の特性

P&BRシステム利用経験者の個人属性は30・40代の公務員が多く、出発地特性は駐車場の所在する松茂町が卓越して多くなっている。また、目的地まで行くのにバスの乗り継ぎを必要としないゾーンで多い。6)

 

問題、課題

●現在は、駐車場が薄暗いなど、イメージが低下している。また、現在、放置車両が多く、本来意図した利用形態とはなっていない。

 

参考文献

1)瀬山励、事例研究/ケース2 徳島:パーク・アンド・バスライドの試み、地域と交通vol.2-2、pp10-14、1980.11

2)矢野義章・永江正憲、徳島におけるバス路線総合整備モデル事業について、交通工学Vol.16 No.5、pp19-25、1981

3)花岡金光、パーク・アンド・バスライド考、交通工学Vol.16 No.4、pp41-43、1981

4)定井喜明、地方中核都市でバスの復権は可能か-徳島からの報告―、トランスポート、pp48-53、1981.8

5)永江正憲・栗本好正、徳島におけるバス路線対策とその効果 -パーク・アンド・バスライドシステム-、道路交通経済1982-10、pp128-133、1982

6)藤宗常彦・栗本好正、吉野川バイパスパーク・アンド・バスライドシステムの事後評価について、四国地方建設局管内技術研究会論文集Vol.25、pp38-1〜38-18、1982

7)佐野正道・西内勇喜彦、徳島パークアンドバスライドシステムの現状と展望、交通工学Vol.21 No.4、pp23-31、1986

8)建設省道路局企画課、平成8年度版 わが国における交通需要マネジメント実施の手引き、pp24-25、1986

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
545位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
21,204

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.先進的な環境対策調査報告書
2.「モーダルシフト事業(個別輸送モデル事業調査)」報告書
3.「モーダルシフト・モデル地域調査報告書」
4.新潟市パークアンドバスライド実証実験検討調査報告書
5.一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測システムの構築報告書
6.車両スペースの余裕を活用した鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書及び資料偏
7.車両スペースの余裕を活用した鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書及び資料編
8.「運輸交通における地球環境問題に関する調査研究」の報告書
9.平成10年度モデル事業実施報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から