日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

地球温暖化防止に向けての地方公共団体

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


(4) 樹木単体でのCO2固定量の推定

 

光合成の最終的な反応式では、6つのCO2からひとつの多糖類C6H10O5が生成されると表現できるので、分子量6×44:162=1.63:1となり、簡単には植物の乾燥重量を1.63倍すればCO2固定量を算定できることになる。

木質部の乾燥重量は胸高直径と相関があり、ほぼ樹種を問わず胸高直径で乾燥重量を推定できる。乾燥重量に1.63を掛けたものが、累積CO2固定量となる。

幹乾燥重量の年増加量は、各樹齢における幹材積(年成長量)に容積重を乗じて求められる。この値と、年間胸高断面積成長量との間には、樹種毎に相関が高い。これらの値から、樹種毎のCO2固定量を求めることができる。

 

(5) 樹木の形状とCO2固定能力

 

樹木の枝葉が地面を被う面積(樹冠投影面積)を求め、この面積当たりの累積CO2固定量を試算すると、樹高の増大とともに樹冠投影面積も増え、面積当たりのCO2固定量も増える傾向にあるが、この日定量は樹高7〜10m付近で極値を示す傾向があるという。樹木によるCO2固定に関し効率的な空間の使い方あることが示唆される。

 

4 都市の緑についてどう考えるか

 

森林以外の「その他」の吸収源について、国際的に認められていくかどうかは今後の検討として、都市の様についてもCO2吸収固定量を把握しておく必要がある。

 

(1) 都市の緑のもつ間接的な効果

 

都市の緑には、ヒートアイランドの緩和などの効果が確かめられており、夏季の空調に必要な電力消費量の削減にもつながる。都市の緑には間接的なCO2排出抑制効果も期待できる。緑地の気温低減効果と建築物緑化による屋内への熱流入量減少効果について、信頼できる原単位と統計量を用いて計算することができる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
484位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
21,407

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.地方分権時代の行政サービスの供給システムに関する調査研究
2.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)
3.地方都市の中心市街地再生方策に関する調査研究
4.地域の特性に即応した資源循環型まちづくりに関する調査研究
5.鉄道乗り入れに伴う社会的経済的効果に関する調査研究
6.山間地域における保健・福祉の総合的展開による生活支援の充実に関する調査研究
7.広域圏における公共施設の利用促進と効率的運用に関する調査研究
8.海域を活用したスポーツ機能整備による地域づくりに関する調査研究
9.分権型社会実現に向けての離島町村の連携による一体的地域経営の推進に関する調査研究
10.交流・学習等の拠点形成による“人にやさしい人づくり”の推進に関する調査研究
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から