日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

地球温暖化防止に向けての地方公共団体

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


3 植物によるCO2吸収固定のメカニズム

 

(イ) ルビスコという酵素の働き

 

植物がCO2を吸収固定する経路で働くルビスコは、CO2固定反応を行うとともに、O2とも反応する。高等植物のルビスコは、CO2と反応する方が、O2と反応するより100倍反応しやすい。ルビスコがO2と反応する役割と光呼吸の役割は、強光下で光合成装置を守る仕組みである。

CO2が不足すると、ルビスコはO2と反応して自動的にCO2を補う。葉緑体内のCO2濃度が下がると、光合成回路は回らなくなり、光エネルギーは活性酸素の生成に使われ、光合成装置は破壊され、葉は渇変する。葉緑体内のCO2濃度を下げない仕組みが働くことは、植物にとり死活に関わる重要な機能である。

 

(2) 植物の呼吸によるCO2の放出

 

光呼吸ではせっかく固定したCO2を葉の外に出してしまう、というのは正確な表現ではない。活発に光合成をしている葉緑体内のCO2濃度は、周囲の2分の1になっており、CO2濃度の高い外部に逃げることはない。光呼吸経路で発生したCO2が葉の外に出るのは、強光照射時に急に葉を暗くするか、葉の周りの空気のCO2濃度をCO2補償点(約40ppm)以下に下げるなどの人工的な処理をしたときだけである。

 

(3) 光合成能力の高い植物

 

CO2固定反応系に加えて、CO2濃縮反応系を備えている植物を、この反応途中の生成物であるC4カルボン酸にちなんで、C4植物という。C4植物では、維管束鞘細胞に運ばれたCO2濃度は相当に高いので、ルビスコは酸素と反応することはほとんど起こらない。大気中のCO2濃度が低い条件でも、C4植物は高い光合成を示す。

しかしC4植物は、より多くのエネルギーを必要とし、水分の減少に敏感に反応して気孔を閉じ易い。したがってC4植物が優勢になるのは熱帯の乾燥した土地であり、一定の雨量のある地域ではC3植物の方が多い。

植物は光エネルギーを化学エネルギーに効率よく変換するが、その一部しかCO2固定に使っていない。したがってCO2固定に関しては改良の余地はある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
484位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
21,407

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.地方分権時代の行政サービスの供給システムに関する調査研究
2.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)
3.地方都市の中心市街地再生方策に関する調査研究
4.地域の特性に即応した資源循環型まちづくりに関する調査研究
5.鉄道乗り入れに伴う社会的経済的効果に関する調査研究
6.山間地域における保健・福祉の総合的展開による生活支援の充実に関する調査研究
7.広域圏における公共施設の利用促進と効率的運用に関する調査研究
8.海域を活用したスポーツ機能整備による地域づくりに関する調査研究
9.分権型社会実現に向けての離島町村の連携による一体的地域経営の推進に関する調査研究
10.交流・学習等の拠点形成による“人にやさしい人づくり”の推進に関する調査研究
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から