日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

地球温暖化防止に向けての地方公共団体

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


2 森林によるCO2の吸収について

 

森林の光合成による炭素の取り込み(総生産量)から森林植物自体の呼吸でCO2が大気に戻る(呼吸消費量)を引いたものが、植物体として固定される量(純生産量)である。この純生産量は、現存量増加量と枯死量と被食量に分けられる。

 

(1) 森林の炭素収支

 

十分に発達して動的な平衡に達した森林では、現存量の増加はほとんどなくなり、毎年生産された分が枯れ落ちる。枯死したものは分解してCO2を放出する。成熟した森林では、光合成で取り込むのと同量のCO2が呼吸や枯死物分解により大気に戻され平衡状態を保っている。(1年生の草本群落でも炭素収支は±0に近い)実質的なCO2吸収固定に役立っているのは、未成熟の多年生、永年性植物群である。若齢、壮齢期の森林がCO2固定には重要。

 

(2) 日本の森林についての試算

 

日本の森林面積は2,515万haで、そのうち1,040ha(41%)が人工林。炭素収支が±0のような成熟安定した原生的森林は少ない。森林全体の蓄積量(幹成長量)は1990から1995年で、人工林、天然林合せて年平均約7,000万m3である。この森林が1年間に固定する炭素の量は1,520万トンになる。(現存量増加量に近い値)年間総放出炭素量を33,200万トンとすると、森林はその4.6%を吸収固定していることになる。主要な森林タイプでみると、純生産量の多いのは、常緑広葉樹林とスギ林であり、落葉広葉樹樹林は少ない。ただこれは葉や枝の分解によるCO2発生量は差し引いていない。

 

(3) 伐採量をどう考えるか

 

日本で毎年伐採される木材量は最近の年平均で3,440万m3である。この木材量がすべて炭素貯留されたまま使われるとすると、炭素量で580万トンになる。これを成長量に相当する1,520万トンに加えると、年間総放出炭素量の6.2%になる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
484位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
21,407

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.地方分権時代の行政サービスの供給システムに関する調査研究
2.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)
3.地方都市の中心市街地再生方策に関する調査研究
4.地域の特性に即応した資源循環型まちづくりに関する調査研究
5.鉄道乗り入れに伴う社会的経済的効果に関する調査研究
6.山間地域における保健・福祉の総合的展開による生活支援の充実に関する調査研究
7.広域圏における公共施設の利用促進と効率的運用に関する調査研究
8.海域を活用したスポーツ機能整備による地域づくりに関する調査研究
9.分権型社会実現に向けての離島町村の連携による一体的地域経営の推進に関する調査研究
10.交流・学習等の拠点形成による“人にやさしい人づくり”の推進に関する調査研究
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から