日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム資料

 事業名 補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発
 団体名 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 注目度注目度5


(III)磁気出力電話機(T対応)

(IV)アンプ付磁気出力電話機(両対応)

 

116-1.gif

 

多くの電話機は、磁気が漏れないように設計されています。つまり補聴器のスイッチをTにしても、音が小さくしか聞こえません。マイクで聞く場合も、普通の電話機のままでは音が小さく、聞くことができません。そこで、音声を増幅する「II.アンプ付電話機」があります。また、「III.磁気出力電話機」は「補聴器対応電話機」とも呼び、受話器内に小さなコイルを内蔵させたり、磁気出力できるレシーバを使った電話機です。これは、受話器から磁気として音が出力されます。このため、補聴器のスイッチをTにすると、明瞭な音を聞くことができます。しかし、磁気出力だけでは出力が不十分なことがあります。そこで、電話機と受話器の間にアンプを入れ、さらに受話器からは磁気が出るようにしたのが、「IV.アンプ付磁気出力電話機」です。NTTのハウデイ優やISDN対応の公衆電話はこれに該当します。

その他、聴覚障害者用の様々な電話機やテレ・コミュニケーションについて、NTTが冊子で紹介していますので、参考にして下さい。「耳が言葉が不自由な方のためのテレコミュニケーションガイド」NTT総務部社会貢献室編集(〒160-0023新宿区西新宿3-19-2、NTT新宿本社ビル内)FAX:03-5359-1507、TEL:03-5359-2155

 

(V)ライン出力利用(+アンプ)

補聴器に外部入力端子(オーデイオインプット)が付いている場合は、電話の声を補聴器のオーディオインプット端子に接続することで、明瞭な音声を聞くことができます。一般の電気店等で「電話録音用のアダプタ」を購入するか、ライン出力付のテレホンアダプタを購入します。録音用アダプタは1,200円程度で市販されています。人工内耳の場合も、テレホンアダプタで対応できます。出力が小さいときは、電話用アンプをはさみこみ使用します。

 

116-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
127位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
101,081

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」シンポジウム開催案内
2.「補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム報告書
3.「補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」の報告書
4.中国残留孤児の生活状況調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から