日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム資料

 事業名 補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発
 団体名 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 注目度注目度5


115-1.gif

 

6. 電話コミュニケーション(テレ・コミュニケーション)

 

6-1. 聴力に応じたシステム選択

 

電話コミュニケーション機器は、きこえの状態に応じてシステムを選ぶ必要があります。以下にだいたいの目安を載せます。しかし、本人の聴覚活用レベルによって異なりますので、実際に使った上で考えてみて下さい。(I)〜(VII)はシステム番号です。

 

115-2.gif

 

6-2. 実際のシステムの紹介

 

(I)テレホンアダプタ

テレホンアダプタとは、電話の受話器に増幅器をゴムバンドで取り付けるものです。声が大きくできるもの・磁気出力が得られるものなどがあります。

 

「難聴者用電話機」には、以下の3種類があります。

(II)アンプ付電話機(M対応)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
127位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
100,515

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」シンポジウム開催案内
2.「補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム報告書
3.「補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」の報告書
4.中国残留孤児の生活状況調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から