日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム資料

 事業名 補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発
 団体名 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 注目度注目度5


8. おわりに

医療施設における小児難聴のリハビリテーションプログラムが有用であることは、本稿で述べたとおりであるが、残念ながら現在、多地域で普及しているとは必ずしもいえない。その理由として、ひとつは小児難聴の専門医が少なく、病院耳鼻咽喉科で診療内容にリハビリテーションシステムを標榜する施設が少ないことがある。実施にはリハビリテーションスタッフ、設備、多数の難聴児家族のニーズ等多くの条件が必要になる。ついで、言語聴覚士・医療福祉士・臨床心理士などのスタッフの配置が困難な点がある。リハビリテーションサービスにたいする医療保険制度上の問題が指摘できる。

近年、我が国は福祉型社会への移行にいたり、臨床医学の対象領域が治療・予防から、リハビリテーションに拡大しつつある。人工内耳の小児への適応と有効性についての議論や、言語聴覚士法の発効(1998年10月)を機に、医療施設における小児難聴のリハビリテーションシステムについての一層の進展が期待される。

 

参考文献

1)田中美郷、廣田栄子:聴覚活用の実際、聴覚障害者教育福祉協会、1995.

2)小寺一興編:補聴器の選択と評価、メジカルビユー社、1996.

3)コールE.他編著:聴覚学習、コレール社.

4)中野善達、斎藤佐和:聴覚障害児の教育、福村出版、1996.

5) J.G.Alpiner and P.A.McCarthy: Rehabilitative Audiology-Children and Adults, William & Wilkins, 1993.

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
127位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
100,515

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」シンポジウム開催案内
2.「補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム報告書
3.「補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」の報告書
4.中国残留孤児の生活状況調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から