日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム資料

 事業名 補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発
 団体名 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 注目度注目度5


第3章 聴能訓練、難聴者のリハビリ・メンタルケア

 

幼児期における難聴児の聴覚リハビリテーション

 

国際医療福祉大学言語聴覚障害学科

廣田栄子

 

1. はじめに

子どもは、生まれたときから日常生活での様々な物音や、人の音声に触れ、徐々にその意味を理解して話しことばの世界に入る。生後、わずか数年の間に、子どもが周囲で話していることばを習得するには、聴覚に入る情報を徐々に認識する過程が進んでいる。そこで難聴があり、子どもにこれらの情報が入らなければ言語の習得が妨げられることになる。しかし、現在では幼児期から補聴器を使用しコミュニケーション指導を始めると、難聴児に豊かなことばの獲得が可能になると考えられている。子どもは生き生きと本来の能力を発揮して種々の学習を進め、リハビリテーションが幼児の発達に及ぼす影響が大きいことが多くの例から明らかである。このような観点から、本章では、幼児期の成長過程での聴覚の役割、難聴の評価・検査の方法、補聴器適合、聴覚活用などについて概括し、難聴幼児に必要なリハビリテーションについて考えてみたい。

 

2. 幼児におけるコミュニケーション過程

通常のコミュニケーションの過程に、関連する器官について考えてみる(図1)。話し手は、言いたいことを大脳中枢で言語形式にかえ、発声器官の筋肉に指令が伝えられて発声筋を動かし、空気中に音波として送り出される。次に音波は言語音として聞き手の聴覚器官に入り、感覚神経を経て大脳に伝達され、聞き手はそのことばを理解することになる。聴覚器官はいわば音声情報を受け取る入り口にあたる。一方で、話したことを自分の耳で聞き、音声の大小やリズム、発音などをモニターする機能ももっている。そこで幼児は、日常的な音声コミュニケーションの場面で、くりかえし母親のことばを聞いて学習し、修正してより適切な言語の使い方を身につけていることがわかる。

しかし、幼児期に高度の聴覚障害がある場合には、このようなコミュニケーション過程でのことばの学習が困難になる。軽度・中等度であっても難聴を放置していると、言語でのコミュニケーションが難しく、密接な友達関係や場面の臨場感の乏しさによる疎外感から、幼稚園などの活動の参加が消極的になる側も少なくない。そこで幼児期にはできる限り早期に難聴を発見して補聴器装用を開始し、最大限に聴覚を活用することが極めて重要と言える。

ところで、コミュニケーションは聴覚と音声ばかりで行われているのではなく、日常的には視覚や触覚などの他の感覚を動員して受けとめている。例えば、話し始めの子どもにたいして、母親は「〜ちゃんほら電車よ、ガタンガタンて早いね」と手どもを抱き上げて[見せて]、同時に上下に[揺すりながら]電車の[話しかけ]をする。子どもは体を[動かし]ながら「電車ガタンガタン、バイバイ」と手を[振る]。このような場面では聴覚は五感の一つとして、他の感覚の情報を盛り込みながら、より実感豊かに会話が進められている様子がわかる。

難聴児では取り込みに有利な視覚情報と、難聴児なりに聞こえた音で彩られた世界で、リアリティのあるコミュニケーションが繰り広げられる用意をしていくことになる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
127位
(31,210成果物中)

成果物アクセス数
100,621

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月22日

関連する他の成果物

1.補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」シンポジウム開催案内
2.「補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム報告書
3.「補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」の報告書
4.中国残留孤児の生活状況調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から