日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム資料

 事業名 補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発
 団体名 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 注目度注目度5


人工内耳のマッピングの実際

 

京都大学大学院医学研究科聴覚・言語病態学領域

山口 忍

 

患者さんは、人工内耳を埋め込んでから、だいたい10日から2週間後に音入れと呼ばれる初回のマッピングを受けます。この項では、現在日本で最も多く使用されているコクレア社の22チャンネルシステムのマッピングについて、成人の場合と幼小児の場合とに分けてご説明します。

 

1. 成人のマッピング

<T,Cレベル測定>

ことばでやりとりの出来る成人(学童も含む)のマッピングでは、埋め込まれた電極の一本一本に電流を流し、かすかに聞こえたという感覚の起こる電流量(Tレベル)と、やかましくなく大きく聞こえる電流量(Cレベル)を調べ、その患者さんのT,Cレベルを決めていくところから始まります。測定を始める前に、表1の測定カードを患者さんの前に置き、聞こえの変化を指さしなどで示すよう指示します。多くの患者さんは電気刺激が増大するに伴って、聞こえの方も段々大きくなるように感じますが、先天聾や言語習得以前に失聴した成人の患者さん、レンジ(TレベルとCレベルの幅)の非常に狭い方の中に、電気刺激量を上げないのに音量の増大感が起こることがあります。

 

表1

062-1.gif

 

<電流の流し方・(モード)>

通常のマッピング時、電流は、+極(活性電極)と-極(不活性電極)の間に一本電極をはさんで流します。即ち、1番の電極を+にしたら2番ではなく3番を-に、2番の電極を+にしたら3番ではなく4番を-にするというようにして電流を流し、埋め込まれた電極が

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
127位
(31,210成果物中)

成果物アクセス数
100,621

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月22日

関連する他の成果物

1.補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」シンポジウム開催案内
2.「補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム報告書
3.「補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」の報告書
4.中国残留孤児の生活状況調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から