日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム資料

 事業名 補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発
 団体名 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 注目度注目度5


な情報に対する理解や承認に支障を来たします。その結果、医療や介護を提供する側と高齢者との相互の信頼関係樹立までに時間がかかり、双方ともストレスがたまって誤解を生じたりする事があり、ひいては疾病の増悪を招く可能性すらあります。介護の現場では、多くの場合高齢者の聴力低下によるコミュニケーション障害があっても、医療や看護を提供する場面で支障を来さなければ問題解決に積極的に着手しません。仮に支障を来たしても、彼らは自分たちが高齢者と対応する場面で最低のコミュニケーションが可能になるような補聴システム(例えば市場に出回っている集音器等)があればそれで解決すると思い勝ちです。
2000年4月に実施が予定されている介護保険制度に間に合うように、準備が進められている介護用の補聴器もこのように医療や介護を提供する側の論理にたった補聴器であれば問題です。高齢者のQOL(生活の質)を重視する理論からすれば、医療や看護の場面だけではなく、高齢者の全ての生活場面において役に立つ補聴器をフィッティングすることが大切です。難聴高齢者の補聴器フィッティングには耳鼻咽喉科受診が大切です。難聴高齢者の補聴器フィッティングには耳鼻咽喉科受診が大切と述べてきましたが、介護を受けている高齢者の多くは耳鼻咽喉科を受診する事が困難です。彼らに適切な補聴器を提供するシステムの構築が必要です。本院では往診用の聴力測定器と補聴器適合器を揃えて寝たきりの難聴高齢者の往診をしていますが、補聴器のフィッティングのために往診に応じる耳鼻咽喉科医はまだほとんどないと思います。超高齢社会を迎えた今日、要介護難聴高齢者のコミュニケーションを豊かにするための補聴援助システム構築の必要性に対する社会の認識を高めることが今後の重要な課題だと思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
127位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
101,081

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」シンポジウム開催案内
2.「補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム報告書
3.「補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」の報告書
4.中国残留孤児の生活状況調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から