日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム資料

 事業名 補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発
 団体名 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 注目度注目度5


高齢者に対する補聴器のフィッティング

-補聴器を利用して豊かなコミュニケーションを-

 

医療法人  大山医院

大山孜郎  片山高

 

【はじめに】

人間は、加齢と共に聴力が低下します。もっとも、難聴の進みぐあいは人によって様々で、80才を過ぎてもほとんど不自由なく会話が可能な人も居れば、60才ぐらいでも大きい声で話さないと聞こえない人も居ます。世界でも類を見ない超高齢社会に突入した日本です。きこえの不自由な高齢者が増加していることは間違いありません。我々の医院にも聞こえの障害や補聴器のことで相談にこられる高齢の方は年々増えています。高齢者が快適な生活を維持するために、聴力低下によるコミュニケーション障害を補う補聴援助システムを考えることは極めて重要です。

 

【高齢者の難聴】

高齢者の難聴は、進行がゆっくりですし程度も比較的軽いことが多いです。そのため、家族の人は、どうも話がうまく通じないということで、高齢者の耳が遠くなったことに気が付きますが、本人は聞こえの悪いことを自覚していないことが多いです。高齢者は、周囲の者が気を遣って大きい声で話すと聞こえるので、聞こえにくい時には自分の聞こえが悪い為でなく話し相手の声が小さいせいだと思い勝ちです。そして、難聴が更に進行し本人が自覚すにようになったときには歳だからとあきらめてしまいます。みなさまも経験があると思いますが、大きい声で話し続けることは非常にエネルギーの要ることです。そこで耳の悪い人と会話をする際、ついつい面倒になってしまい話を簡単に済ませてしまうことが多くなります。ただでさえコミュニケーションが不足勝ちである高齢者にとって、耳のきこえが悪いとますますコミュニケーション不足になり、ひいては痴呆の進行を早めると言われています。加齢に伴う聴力の低下が、社会生活への参加を制限すると共に自覚的な健康度を低下させる要因になるとの調査結果も発表されています。このことは在宅介護を受けて居る高齢者、特に寝たきり老人にとって重大な問題です。

 

【補聴器を手に入れるのには】

では聞こえが悪くなった高齢者に対してどのような対応が必要なのでしょうか。呉々も歳のせいだからと放置しないで下さい。聞こえの不自由を補うものとして補聴器があります。補聴器は簡単に言えば、マイクロホンで音を聞き取り、それを増幅してイヤホンで聴く携帯用の増幅器です。でも補聴器は敬老の日にプレゼントするものではありません。補聴器は電気器具屋さんとか、眼鏡屋さん、時計屋さんで売っています。デパートやスーパーでも売っていますし、通信販売のカタログにものっています。でも、補聴器はそういうところで簡単に買うものではありません。補聴器は電気器具ですが医療器具であることを忘れてはいけません。難聴の人が補聴器を付けると音は大きく聞こえますが、残念ながら、きこえの正常な耳で聴くのと同じにはなりません。補聴器は買ってきてそのまま使ったのでは、うるさいばかりで肝腎のことばが

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
127位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
100,827

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」シンポジウム開催案内
2.「補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム報告書
3.「補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」の報告書
4.中国残留孤児の生活状況調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から