日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム資料

 事業名 補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発
 団体名 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 注目度注目度5


6. 難聴音への耳鼻咽喉科医の支援体勢

 

高齢化社会を迎えて難聴者への対応は耳鼻咽喉科医にとって最も大切な課題の一つとなってきた。治らない疾患に対して、治らないの一言で片づけていたつけが難聴者の耳鼻咽喉科への受診率の低さに表れている。今日の医療は、治らないものならその不自由さを、どのような方法で軽減し、又QOLを得られるよう援助できるのかを考えることまで発展しつつある。耳鼻咽喉科の学会、講習会などで私は表4に示した項目について難聴者のために理解をうるように述べてきた。

 

表4

025-1.gif

 

日本耳鼻咽喉科学会では平成6年より各都道府県にある日本耳鼻咽喉科学会地方部会の組織を用いて、各地方に補聴器キーパーソンを定め、その下に補聴器相談医の組織を作り、難聴者への対応から行政、補聴器販売業者などとの連携を深めるように計ってきた。その活動の具体的内容は或る程度地方事情もあるので差があるものの日本耳鼻咽喉科学会の福祉委員会の主導の下に難聴者へのより良い医療のあり方、補聴器の正しい普及などに努めているのが現況である。

 

表5 日本耳鼻咽喉科学会が設置した補聴器キーパーソンの役割の概要

025-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
127位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
100,515

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」シンポジウム開催案内
2.「補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム報告書
3.「補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」の報告書
4.中国残留孤児の生活状況調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から