日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


11.2.3 ケーブルサイズの決定法

ケーブルの導体サイズの選定に当たっては、全負荷電流が基準周囲温度におけるケーブルの許容電流値(<表11.2.2>参照)以内であり、かつ、電圧降下が規定値以下となるようにする。

 

<表 11.2.2>ケーブルの許容電流(JIS C 3410-93)

(周囲温度 45 ℃の場合)

 

(EPゴム絶縁ケーブル)

198-1.gif

*EPゴム絶縁の導体許容温度

 

(多心EPゴム絶縁ケーブル)

198-2.gif

 

電圧降下率は一般に次式から求められる。

(1) 交流単相2線式回路

LD=(R20×K1×2L×I×δ)/V×100

(2) 直流2線式回路

LD=(R20×K1×2L×I)/V×100

ここで

LD:電圧降下率[%]

L :ケーブル片道の長さ[m]

V :回路電圧[V]

R20:導体温度が 20 ℃における導体の直流抵抗[Ω/m]

K1 :絶縁体の最高許容温度における導体抵抗温度係数

(<表11.2.3>参照)

δ :交流電圧降下係数(誘導電圧降下係数)

(弱電機器の場合には、電動機は使用されることはあまりないので、無視し 1.0としてよい。)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
37位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
222,895

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から