日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


2.5.3 換気

(1) 蓄電池収納区画は、独立の通風装置によって、有効に換気されなければならない。(NK鋼船規則H編2.11.4)

(2) 自然通風により換気を行う場合には、通風ダクトは、蓄電池収納区画の頂部から直接大気開口ヘ導かなければならない。この場合、ダクトは垂直方向から45度以上傾斜してはならない。(同上)

(3) 自然通風による換気が困難な場合には、機械式排気通風装置が設けられなければならない。この場合、通風機用電動機は通風ダクト内に設けてはならない。また、通風機の羽根は、ケーシングに接触しても火花を生じないものでなければならない。(同上)

 

2.5.4 蓄電池の保守点検

一般的な鉛蓄電池における保守・整備項目は次のとおりである。

(1) 蓄電池は常に適切な充電状態に保つ。

放電後は、速やかに充電し、充電電圧は浮動充電で 2.2V/セルとする。

充電終期の電解液比重を 1.26 ±0.01(20℃)に調整する。

(2) 電解液面は、補水による規定液面を保持する。

(3) 蓄電池の外周を常に清潔な乾燥状態に保持する。

(4) 電解液温度を45℃以下に保つ。

(5) 接続導体の締付ボルト・ナットは鉛蓄電池用防錆剤を塗布し、1年に1回程度点検のうえ必要により増し締めする。

(6) 蓄電池の保守記録(電圧、比重、液温、補水量など)をつける。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
37位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
224,232

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から