日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


2.5.1 設置場所

(1) 蓄電池は、適当な換気装置を備えた蓄電池室又は保護おおいを施した適当な箱に収めて通風良好な場所に設置しなければならない。(船舶設備規程202条)

(2) 蓄電池室又は蓄電池箱は、他の電気設備及び火気から十分隔離しなければならない。(同上)

(3) 容量の大きい蓄電池は、専用の区画に設置しなければならない。ただし、やむを得ない場合には甲板上に設置された箱内に設けることができる。この場合、箱は、適当な換気装置を備えたもので、水の流入を防止できる構造のものとしなければならない。(NK鋼船規則H編 2.11.3)

(4) 蓄電池は、居住区画内に設置してはならない。(同上)

(5) アルカリ蓄電池と鉛蓄電池は、同一区画に設置してはならない。(同上)

 

2.5.2 設置方法

(1) 蓄電池は、取換え、点検、試験、補水及び清掃のため容易に近付き得るように配置しなければならない。(NK鋼船規則H編 2.11.4)

(2) 酸性蓄電池を設置する蓄電池室の床面、棚の上面及びこれらの高さ75mmまでの周壁並びに酸性蓄電池を収める箱の底面及び高さ75mmの内周壁は、厚さ1.6 mm以上の鉛張りとするか、又は管海官庁の承認する防食処理を施さなければならない。(船舶設備規程202条)

(3) 蓄電池を収納する区画の内部(棚を含む。)は耐食ペイントを塗装しなければならない。(NK鋼船規則H編2.11.4)

(4) 電解液として酸が使用される場合には、甲板が耐酸性の材料で保護されている場合を除き、耐酸性の材料で作られた受皿を電槽の下方に設けなければならない。(同上)

(5) 電槽又は電槽収納枠は、非吸収性の支持台に設置しなければならない。この場合、動揺による電槽の移動を防止するように取り付けられなければならない。(同上)

(6) 耐食性材料で製造されているものを除き、通風ダクトの内面及び通風機の羽根には、耐食ペイントを塗装しなければならない。(同上)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
37位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
224,299

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から