日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

ノンステップ普及セミナー

 事業名 ノンステップバス普及促進セミナーの実施
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


(鎌田・東京大学 後日補足)ご質問の車いすの乗せ方、固定法というのは、ノンステップバスの普及が進んでいる欧州でも大きな課題でありまして、その議論が出発点となってEUでのプロジェクトCOST322が組まれたと聞いております。

障害者の移送サービスが充実している欧州と日本とではバスにどのような車いす対応性をもたせるかについての考え方はだいぶ違うようですし、安全性に対する社会の意識も異なります。リフト付きバスという特別な車で対応するのと、ノンステップバスの形で普及していく際の固定法の考え方が同じでいいのかという指摘もあります。コストが高くメンテナンスにもお金のかかる電動スロープよりも、手動で安い方がよいという意見も聞きます。この辺の話は、ある程度のガイドラインを国が音頭をとってまとめるべきだと思います。

すぐにはそういう動きが期待できないようなので、日本リハビリテーション工学協会の自動車SIGにおいてとりあえず現状認識をしておこうということで、今年度アンケート調査を計画しております。

(運輸省 当日行政側から技術関係者が出席しておらず、回答できなかったことによる本報告書での補足説明)車いすの乗せ方、固定方法に関する技術的な現状及び課題は、鎌田先生のお話のとおりであると思います。

一方、車いすを使用している方々からの「車いすを固定することは身体を縛るものであり、人権侵害である」とのご指摘について補足しておきますと、ノンステップバスが普及段階である現状では、ノンステップバス走行中に生ずるトラブルの予測が立たないため、車いす使用者及びその他の乗客の安全を考慮して、技術的及び乗客の心構え等の安全対策が確立されるまで車いすの固定についてご理解を頂きたいと思っています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
986位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
11,119

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月21日

関連する他の成果物

1.「ノンステップバス普及促進セミナーの実施」の報告書
2.運輸部門における地球環境問題に関する意識調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から