日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

ノンステップ普及セミナー

 事業名 ノンステップバス普及促進セミナーの実施
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


第1部

2. 基調講演

わが国におけるノンステップバスの現状と将来

東京都立大学大学院工学研究科専任講師

秋山 哲男

 

東京都立大学の秋山と申します。

今日これから「わが国におけるノンステップバスの現状と将来」ということで、お話をさせていただきます。

まず最初に申し上げておきたい点は、高齢化社会あるいは高齢社会の中で高齢者、障害者のモビリティを保障することがどれほど重要なのかという点です。過去に人の生活の3要素というのは「衣・食・住」、衣類と食事と住まいの3点でしたけれども、新しい生活の3要素は「医・職・住」つまり、衣・食・住の衣は「医学」に変わってきているでしょう。食は多分「職業」になってきているでしょう。住宅は依然問題である。では交通はどうして入ってこないのかということで、岡並木先生は大分前に交通も入れるべきであるということをおっしゃっています。「医・食・住・交」です。その意味で交通がいかに重要であるか。移動することによって、その人の健康がどれだけ保てるかも非常に重要なことです。今日はそれを進めるための一つであるノンステップ化というのはどういう意味があるか、私なりに考えたことをご紹介させていただきたいと思います。

今日お話しする内容は6点ございます。1点目はノンステップバスとは一体何なのか。2点目にノンステップバスの意味はどんなところにあるのか。3点目にノンステップバス(ローフロアバス)はどの様に発展してきたのか。4点目にノンステップバスの車両とその利用者について。ノンステップバスも含めて、一体バスの車両はどの様に変化してきたのか。5点目に交通計画全体の中でノンステップバスをどの様に位置づけたら良いのか。最後にノンステップバスの現状と将来ということで、こんなことを考えていくべきだということを申し上げたいと思います。

 

1. ノンステップバスとは

ノンステップバスは欧州ではローフロアバスと呼ばれています。ローフロアバスを翻訳すると低床バスということで、日本語では全く違うバスを意味してしまいます。その意味で日本の低床バスはイコール欧州のローフロアバスではない。そういったことをまず定義として挙げておきたいと思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
990位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
11,305

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.「ノンステップバス普及促進セミナーの実施」の報告書
2.運輸部門における地球環境問題に関する意識調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から