日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

ライフサイエンスシリーズ「ナースのための最新感染症学」

 事業名 保険医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


考えなければいけません。

看護の立場を考えたときには,ナイチンゲールがいっていますように,「真の看護が感染を問題とするならば,それはただ感染を防止するということにおいてだけである」というまさにそのことです。いま抗生物質が万能でないという問題,VRE,バイコマイシンにやや耐性のMRSAが出たというようなことを考えるときに,感染を防止しなければいけない,感染が出たからどうしようかというものではなくて,考え方を切り替えていかなければいけない時期にきているのではないかと思います。その中では看護の役割が大きいと考えています。

臨床の場で易感染患者とはどういう人なのかを見ると,年齢の高い方,皮膚・粘膜のバリアが障害されている人,手術を受けた患者さん,褥瘡を持っている患者さんと,私たちがケアしている対象は,ほとんど該当しているのではないかと考えられます。

 

環境と空調

環境と院内感染について触れておきましょう。一般社会では人間の抵抗力が大きいことと併せて,菌の量が少ない,接触時間も少ないということで,リスクが非常に低くなります。一方,病院に入ると菌との接触度合いも強くなりますし,菌の毒性も高いものがあったりということでリスクが高くなる。集中治療室などになると,もっと感染リスクが高くなっていきます。

環境についてこのように考えると,では病室の消毒をしなければ患者さんを入れられないかという問題が起きてきます。1970年代に環境の菌数と院内感染の発生には大きなかかわりはないという研究がたくさん行われています。また定期的な環境の培養はいらないということが1988年のCDC(Center for Disease Control&Prevention)ガイドライン

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
285位
(32,806成果物中)

成果物アクセス数
39,133

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年1月16日

関連する他の成果物

1.「保険医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.生活医学シリーズNo.115「生活習慣病としての心臓病」
3.生活医学シリーズNo.116「ストレスと心身症」
4.生活医学シリーズNo.117「家庭介護のコツ?朝の身じたく、身だしなみ」
5.生活医学シリーズNo.118「コレステロールと私たちのからだ」
6.生活医学シリーズNo.119「心のケアと人間的成長をはかるカウンセリング」
7.ライフサイエンスシリーズ「電話相談技法」
8.ライフサイエンスシリーズ「緩和ケアにおける症状観察とコントロール」
9.国際フォーラム・ワークショップ「病院、外来及びホスピス、在宅ケアのQOL向上をめざして」テキスト
10.セミナー・講習会案内パンフレット一式
11.JBS日本福祉放送 収録風景写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から