日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

ライフサイエンスシリーズ「ナースのための最新感染症学」

 事業名 保険医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


抗菌剤を使ったほうが症状の短縮効果があることが認められております。大腸菌O-157の場合に大切なことは,@腸ぜん動を抑える薬は使わないこと,それから,A下痢発症後少なくとも2週間は血算,生化学,検尿等を含めてフォローする,B患者,家族に十分手洗いを励行してもらうこと,C患者が調理士や保母の場合などは,症状が治まって便の培養が2回続けて陰性であることを十分確認するまで調理や子供たちの世話は控えたほうが望ましい。それから家族や周囲の人の調査も時に必要になります。

感染防止には,とくに肉類の扱いを注意します。牛の挽き肉などを調理するときは十分な加熱をすることと,また板とか包丁なども使ったあとはよく洗って,ときには加熱したりすること。この菌は68℃以上15秒間処理することによって殺菌されます。

患者さんのケアにおいては,患者さんの便や,便で汚染されたものに触れる場合は手袋を用いてケアしたほうがよいと思います。そしてケアの後は流水,石鹸でよく手洗いすること。患者さんにもよく手洗いしてもらうことです。当院でもこの菌による2人の成人の入院患者がありましたがとくに問題なく2人とも治癒していますし,その後,二次的感染例は院内では見られませんでした。

 

7.患者への指導

腸炎の患者さんに対する一般的な対処法を患者および家族に指導する場合ですが,下痢症状の強い人は十分に水分と電解質,塩分,カリウムなどが含まれたものをとってもらうように勧めることが大切です。そのためには,たとえばお茶,お粥,おもゆ,野菜スープに塩を入れたものや,梅干しがたいへん有効です。細かくよく刻んだものをとってもらう。このようなものが食べられれば,次は味噌汁やうどんなどもいいわけで

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
285位
(32,806成果物中)

成果物アクセス数
39,133

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年1月16日

関連する他の成果物

1.「保険医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.生活医学シリーズNo.115「生活習慣病としての心臓病」
3.生活医学シリーズNo.116「ストレスと心身症」
4.生活医学シリーズNo.117「家庭介護のコツ?朝の身じたく、身だしなみ」
5.生活医学シリーズNo.118「コレステロールと私たちのからだ」
6.生活医学シリーズNo.119「心のケアと人間的成長をはかるカウンセリング」
7.ライフサイエンスシリーズ「電話相談技法」
8.ライフサイエンスシリーズ「緩和ケアにおける症状観察とコントロール」
9.国際フォーラム・ワークショップ「病院、外来及びホスピス、在宅ケアのQOL向上をめざして」テキスト
10.セミナー・講習会案内パンフレット一式
11.JBS日本福祉放送 収録風景写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から