日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

ライフサイエンスシリーズ「ナースのための最新感染症学」

 事業名 保険医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


また最近は便を直接螢光抗体法等で染色する方法も開発されています。

鑑別診断としては,ほかの菌による腸炎や潰瘍性大腸炎やクローン病のような炎症性腸疾患があげられます。

 

6.患者のマネージメント

マネージメントですが,最も大切なことは水分や電解質を十分補うことです。飲める人は経口的に水分や電解質を十分とってもらうことです。お粥など水分を含んだものを経口的にとってもらうこと,それができない人は,重症では輸液が必要になります。

抗菌剤の効果については一定していません。この菌が培養検査で判明してから抗菌剤を使っても,必ずしも症状の持続期間は短縮されませんし,合併症,溶血性尿毒症症候群などを起こす率を下げることはできないといわれています。ただ,早期に使った場合の効果はまだわかっていません。理論的には早期に使えば菌の量が早く減るので合併症は少ないのではないかと考えられますが,まだ臨床的に十分な研究は行われておりません。欧米では抗菌剤の使用に対しては非常に慎重な考えをする医師もあり,菌が死ぬことによってベロトキシンが早く出てしまって,かえって弊害があるのではないかと懸念するわけで,いまのところまだ統一された見解には至っていません。しかし,日本の厚生省の研究班は早期治療を勧めています。早期に大人ではニューキノロン系,子供ではホスマイシンなどを使うということです。早期というのは培養検査で菌がまだ同定されていない段階ということです。私は,受診時の急性腸炎の症状が強く,下痢の回数が多いとか全身的な症状が強く,細菌感染が疑われる例では,経口のニューキノロン系の抗菌薬を処方しています。そしてそれとともに便の培養検査を実施しています。

病原性大腸菌以外の菌による細菌性腸炎については,多くの場合,

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
285位
(32,806成果物中)

成果物アクセス数
39,133

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年1月16日

関連する他の成果物

1.「保険医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.生活医学シリーズNo.115「生活習慣病としての心臓病」
3.生活医学シリーズNo.116「ストレスと心身症」
4.生活医学シリーズNo.117「家庭介護のコツ?朝の身じたく、身だしなみ」
5.生活医学シリーズNo.118「コレステロールと私たちのからだ」
6.生活医学シリーズNo.119「心のケアと人間的成長をはかるカウンセリング」
7.ライフサイエンスシリーズ「電話相談技法」
8.ライフサイエンスシリーズ「緩和ケアにおける症状観察とコントロール」
9.国際フォーラム・ワークショップ「病院、外来及びホスピス、在宅ケアのQOL向上をめざして」テキスト
10.セミナー・講習会案内パンフレット一式
11.JBS日本福祉放送 収録風景写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から