日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

ライフサイエンスシリーズ「緩和ケアにおける症状観察とコントロール」

 事業名 保険医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


1. 投与量の不足

対応の基本は増量です。モルヒネなどの投与によって痛みが軽くなっているのですが,増量することに恐れを抱いていて,必要な増量を行っていない場合や,患者さんとの対話不足で,効果判定が甘くなっていることなどが原因です。このときに残っている痛みには,その薬の増量で対応できることが多いですし,補助薬を追加するとよい場合もあります。残った痛みに対応する方法が用意されていることをあらかじめ患者さんに伝えておき,痛みが残っていることを遠慮せずに医師や看護婦に訴えるよう指導しておきます。

患者の訴えを軽視せず,効果と副作用をよく観察していれば,投与量不足を避けることができます。

 

2. 副作用対策の不足

便秘や吐き気の対策がなまぬるいと,長期反復投与が継続できなくなります。副作用を嫌った患者さんが服用しなくなっているかもしれません。副作用対策の強化で対応します。

 

3. 未解決の心理社会的な悩み

心に問題があり,解決の道が見つかっていないとき,問題の客観的な大小にかかわらず,患者さんにとっては大きな悩みとなります。このときには,効くべき痛み治療法が効果をあげません。患者さんは,悩みをただちに表現するとは限りませんが,暗い顔をしていることが多いようです。気づいてあげて,話し合ってみると解決の糸口が見つかるはずです。解決の糸口が見つかって患者さんが安心すると,解決にいたる前から,同じ薬が同じ量,ときにはもっと少ない量で効くようになります。

 

4. 浮腫,胸水,腹水の進行

このような余分な体液中にもモルヒネなどの鎮痛薬が移行して,血液中の薬の濃度を低下させることが知られています。対応法は増量です。

 

5. 鎮痛薬が無効な痛み

痛みの診断がきちんと行われることで,このような痛みが把握できます。すでに述べましたように鎮痛補助薬など鎮痛薬以外の治療法を併用します。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
904位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
10,605

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「保険医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.生活医学シリーズNo.115「生活習慣病としての心臓病」
3.生活医学シリーズNo.116「ストレスと心身症」
4.生活医学シリーズNo.117「家庭介護のコツ?朝の身じたく、身だしなみ」
5.生活医学シリーズNo.118「コレステロールと私たちのからだ」
6.生活医学シリーズNo.119「心のケアと人間的成長をはかるカウンセリング」
7.ライフサイエンスシリーズ「電話相談技法」
8.ライフサイエンスシリーズ「ナースのための最新感染症学」
9.国際フォーラム・ワークショップ「病院、外来及びホスピス、在宅ケアのQOL向上をめざして」テキスト
10.セミナー・講習会案内パンフレット一式
11.JBS日本福祉放送 収録風景写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から