日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

ライフサイエンスシリーズ「緩和ケアにおける症状観察とコントロール」

 事業名 保険医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


末期医療は緩和ケアヘと広がった

 

ターミナルケアとか末期ケアという呼び方は,外国では古い言葉になっています。代わってパリアティブケア(palliative care=緩和ケア)と呼ぶようになりました。2〜3週間の余命だろうという状態になった患者さんが,庭を散歩しているという状況をみますが,何がそうさせているのでしょうか。科学的に発展してきた緩和ケアの医療技術が,正しく末期の患者さんに適用され,患者さんが身体的に助けられ,心も支えられることで,死の前日まで散歩が可能な状態にもなりうるのです。それだけの力をもつ医療を,これからは癌医療全般に,さらには長期的に医療を必要とする慢性疾患のあらゆる分野に,すなわち医療全般に適用していくべきと考えられるようになったことから,末期ケアとは呼ばず,緩和ケアと呼ぶようになったのです。

“パリアティブ”という言葉は,“コートを着せる”という意味です。襲ってきた寒さを根本的に退治できないとき,厚いコートを着せて寒さをしのぎ快適性を保ってあげるという意味なのです。

しかし,この医療を実施するとき,原因となっている疾患の治療をしなくてもいいというわけではありません。適応があれば緩和ケアと同時にどんどん行っていくということも大切なのです。

癌治療を行っていくときに,注意すべきことがあります。3回行っても,4回行っても無効な化学療法を,5回も6回も繰り返すのは科学的に正しいとはいえません。緩和ケアの知識と技術を身につけていないと,何をしてよいかわからないものですから,癌治療が無効であっても,いつまでも繰り返していくという誤ったことをやってしまうのです。

緩和ケアの原則を考えてみましょう(表1)。

人間は生まれてきて必ず死ぬわけですが,この2つの現象はだれにも

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
856位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
11,383

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.「保険医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.生活医学シリーズNo.115「生活習慣病としての心臓病」
3.生活医学シリーズNo.116「ストレスと心身症」
4.生活医学シリーズNo.117「家庭介護のコツ?朝の身じたく、身だしなみ」
5.生活医学シリーズNo.118「コレステロールと私たちのからだ」
6.生活医学シリーズNo.119「心のケアと人間的成長をはかるカウンセリング」
7.ライフサイエンスシリーズ「電話相談技法」
8.ライフサイエンスシリーズ「ナースのための最新感染症学」
9.国際フォーラム・ワークショップ「病院、外来及びホスピス、在宅ケアのQOL向上をめざして」テキスト
10.セミナー・講習会案内パンフレット一式
11.JBS日本福祉放送 収録風景写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から