日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

ライフサイエンスシリーズ「緩和ケアにおける症状観察とコントロール」

 事業名 保険医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


師が,「でも早期ですから治療すれば必ず治ります」と言ったとします。その言葉を,「そんなことはない。この医師は私を慰めるためにそう言っているにすぎない」と,信じないかもしれません。当人はそのときには「癌なのだから間もなく死ぬのだ」と思っているのです。ところが医療側は,この患者さんは早期癌なのだから,早期癌患者として病気だけ扱えばすむのだと思っていることです。しかし,このとき治療そのものは早期癌患者に対するものでいいでしょうが,その患者さんへの人間としての対応は,未期癌患者に必要とされているうちのいくつもを併用してあげる必要があります。こうすれば患者さんのニーズを満たすことになり,みなさんの病院はよい評判を得ることになるでしょう。こういう考え方に沿っての癌医療が実施されるべきであると,世界保健機関(WHO)が各国に勧告しています(図2)。

癌と診断したら,癌細胞にだけに注意を向けて,患者さんが仕事で困ろうが,他に何か困る問題があろうが,とにかく癌をやっつけるための治療だけをただちに実施し,もし治らなくなると末期医療に切り替えていくという旧来のやり方は,もう通用しないのです。

先日,癌患者の会「あけぼの会」のワット隆子会長が,「それでも遅い。癌と診断する前からケアしてほしい」と言っていました。きちんとしたところに行って,きちんと検査を受けるようにと家庭医に言われたときから,患者さんは不安をもっているからです。診断確定の前から配慮が必要ですし,診断のあとで癌治療を実施するときにも,末期医療として発達してきた医療,すなわち緩和ケアを同時並行的に実施していくことが必要なのです。

そうすると,不幸にして癌が進んで,治癒の望みがない状態になったら,末期ケアに切り替えるというのではなく,いつのまにか末期ケアに力点が移っていくことになります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
897位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
10,757

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.「保険医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.生活医学シリーズNo.115「生活習慣病としての心臓病」
3.生活医学シリーズNo.116「ストレスと心身症」
4.生活医学シリーズNo.117「家庭介護のコツ?朝の身じたく、身だしなみ」
5.生活医学シリーズNo.118「コレステロールと私たちのからだ」
6.生活医学シリーズNo.119「心のケアと人間的成長をはかるカウンセリング」
7.ライフサイエンスシリーズ「電話相談技法」
8.ライフサイエンスシリーズ「ナースのための最新感染症学」
9.国際フォーラム・ワークショップ「病院、外来及びホスピス、在宅ケアのQOL向上をめざして」テキスト
10.セミナー・講習会案内パンフレット一式
11.JBS日本福祉放送 収録風景写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から