日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

登録者文集「私と献体」

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


美幾女に続く者として

山科喬籠

明治二年八月十四日、これは日本で最初の篤志解剖が行われた日であります。願い出たのは、小石川養生所に入所していた女性で美幾女(三十四才)。これまでと違って解剖する側が望んだのではなく、される側が自らの意思で申し出た。このことは解剖学の新しい幕開けとも云えるのではないでしょうか。

世は明治から大正、昭和、平成と年号が変わり、医学も科学もその進歩においては、目を見張るものがありますが献体については、まだまだ美幾女の生きた明治の世と大同小異 篤志者の集まりである会の存在も知らなければ、献体という言葉さへ初めて耳にしたと言う人、また聞いてはいても、身内のいる人は、そういった会には入会しないものと考えている人。

これは我国の医学が蘭学ではなく漢方が主流であった事、美幾女以前の解剖が刑死体を使っていたために野蛮、残虐な行為といったイメージが強いせいではないでしょうか。

荻野吟子女史の好寿院時代の例を引くまでもなく、医の道を志す方々にとって、自分の手で自分の目で人体の構造を知る事は、何にも勝る勉強ではないでしょうか。

今は江戸時代のように人体の仕組みを知らないお医者様はいらっしゃらないでしょうが、解剖実習に十重二十重の人垣ができるというのでも困ります。

献体は世間をはばかるような事でも、親不孝な事でもないと広く世の人々に知ってもらいたいと思います。

美幾女は病んだ自分の体を汚れ蝕まれた体と表現しましたが、私自身も臓器も骨の数も不足していて、完全な体とはいえない状態ですが、生きた教科書として、少しでも医学に役立ってから、旅立ちたいと思っています。また後に続くものとして、念速寺に眠る美幾女の墓に、香華を手向けたいと思っています。

我死すと聞きて哀れに思うれば

時に供えよ酒と花とを

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,402位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
6,430

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.学生文集「解剖学実習を終えて」
2.「献体とは」リーフレット
3.「献体マニュアル」
4.「篤志献体の普及啓蒙」の報告書
5.「野外指導者養成キャンプ(沖縄開催)」参加者しおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から