日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

フランスの出生動向と家族政策−少子・高齢化に関する国際研究−

 事業名 高齢化社会対策推進のための調査研究等
 団体名 エイジング総合研究センター 注目度注目度5


【注1-3】。すでに今世紀初頭にはフランスの60歳以上人口の割合は12.7%に達していたが、日本がこの水準に達したのは1970年代半ばである。

20世紀に入ってからも高齢化はさらに進んだ。1901年と1995年の人口構成を比較すると、60歳以上人口は12.7%から20%へ、65歳以上人口は8.5%から14.9%へと増加している【図表1-4参照】。高齢化の主な原因は出生率の低下である。若い年齢層が漸進的に減少したために、高齢人口の割合が高まったのである。死亡率は20世紀にも低下し続けたが、1960年代までは死亡率の低下は高齢化の要因ではなかった。死亡率の低下は全年齢層の寿命を長くしたので、人口構成に影響を与えるものではなかったからである。しかし1970年代からは、高年齢層の死亡率が低下し、死亡率の低下が徐々に人口の高齢化の要因となりだした。

1995年現在、60歳以上人口は20%、65歳以上は14.9%、75歳以下は6.0%、85歳以上は1.8%である。

 

010-1.gif

 

一方、20歳末満の人口は、今世紀始めの34.3%から、26.1%(1995年)にまで減少している。しかし中間年齢層(20-59歳)の比率は、終戦後から1960年代半ばまでベビーブームがあったために、今世紀始めとほぼ同じ程度になっている。しかし現在の低い合計特殊出生率(1.7)が将来はさらに低下することも予想されるので、ベビーブーム世代が高齢になる頃には、フランスでも人口の高齢化が深刻な社会問題になるであろう。

2050年の人口構成予測は、合計特殊出生率を1.5と仮定した場合には、60歳以上人口は38.7%、65歳以上人口は32.1%、75歳以上人口は19.7%、85歳以上人口は7.9%となる。フランスの社会保障制度では、老齢保険(原則的には60歳から老齢年金が支給される)の財源が就業者の拠出金にある制度であるため、老齢人口の増加

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
96位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
130,243

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.札幌市高齢移動者実態調査研究報告書
2.21世紀・高齢社会における横浜市民の生活環境に関するモデル調査研究報告書
3.東アジア地域高齢化問題研究−都市の少子高齢化と高齢化社会対策シリーズ?T−
4.STATISTICAL ABSTRACTS OF AGING IN JAPAN
5.「高齢化社会対策推進のための調査研究等」の報告書
6.「交通安全母の会による地域の交通安全活動の手引き」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から