日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「環境とナショナル・トラスト講座」議事録

 事業名 環境とナショナル・トラスト講座の開催
 団体名 日本ナショナル・トラスト協会 注目度注目度5


「ナショナル・トラスト運動と『まちづくり』」

 

田村 明   法政大学名誉教授 地域政策プランナー

司会 田村明先生をご紹介申し上げます。田村明先生は法政大学の名誉教授、地域政策プランナー、現在、地域政策プランナーというふうにおっしゃっておりますが、先生ご自身のご経歴をお伺いすると、さすがにそうだという納得いく非常に多彩な、しかし、非常に楽しいお話が伺えるのではないかと思います。

ナショナル・トラスト協会の理事としても大変なご支援をいただいておりまして、私ども、田村先生が私たちの頭だと、ブレインだというふうにお慕い申し上げているところでございます。

それでは田村先生、「ナショナル・トラスト運動と『まちづくり』」というテーマでご講演をお願いいたします。(拍手)

 

田村 きょうは「ナショナル・トラスト運動と『まちづくり」」という題をいただきました。全体としてのテーマは21世紀の環境ということです。私はかなり早く、この環境という問題に取り組んだ人間の一人としてまず環境について申し上げておきたいんですね。私は、初めに建築学科を出ましてから、もう一遍法学部の法律と、それから政治と、大学の卒業免状を3回頂きました。最初のときには丹下建二先生が私の卒業論文の指導教官で、有名な、皆さん方ご承知のとおり、東京都庁舎を設計したり、世界的な建築家なんです。私は、もうちょっと広いことをやりたいと思うんで、理科系だけでなく同時に文科系のこともやったわけです。

でも何をやったらいいかその頃はよく分からなくて、それで中央の各省庁をいろんなところを経巡りました。全部名前は言いませんけれど、環境庁なんていうものはもちろん影も形もない時代でございますが。でも中央の官庁というのはどうも縦割り主義であまりうまくできてない。さっき有馬先生のお話もありましたとおりに、私は身をもってそれを体験しておりますし、いくら理屈で頭で分かっていても、役人を続けている以上、そうなってしまうんですね。私、せっかく理科系と文科系をやって、もう少し広く問題を考えたいと思うのに、役所にいたら、どうしても縦割り思考、思考じゃなくて行動になってしまうんです。頭は分かっているんです。お役人の人たちは別に頭が悪いわけでもなくて。ただし、自分たちの行動としてはどうしても縦割りにしなきゃいけないことになってしまう。そういうのは私、嫌なもんで、幾つかの省庁、毎年、試験を受けちゃあ入って、やめて、毎年、試験を受けて、またやめてということを4回も5回も繰り返しました。

そうして今度は、民間の会社に入ったんですね。民間の会社では不動産のことをやっておりました。不動産の投資の問題。子会社をこしらえたり、開発業務をしておりました。不動産屋ですね。そういうことをやっていたんですが、私としてはどうしても一生の仕事というのを発見したい。初めの中央官庁ではずっといたら、このまま楽して上に上げてくれるのにと言われました。民間の会社は中央官庁とは違いますけど、そのなりにいたら、それなりに偉くしてくれて、子会社の社長ぐらいにしてくれるんでしょう。でも、どうもそういうのはおもしろくない。自分の仕事って何かないかな、ずうっと探しておりました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
938位
(35,327成果物中)

成果物アクセス数
12,085

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年11月26日

関連する他の成果物

1.「環境とナショナル・トラスト講座」チラシ・プログラム
2.「環境とナショナル・トラスト講座」レジュメ
3.「環境とナショナル・トラスト講座の開催」の報告書
4.講演「綾瀬川水質浄化課題への提言」案内状・パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から