日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


公共サービス部門の自治体企業長2名、ナホトカ・テレビのジャーナリスト1名、建設関係者1名、ナホトカ船舶修理工場技術管理部の職長1名、社会民主主義系の市民活動家1名である。これは、企業代表と公共部門代表が程良くミックスされているという点では、かなり強力な構成である。ただし、全員がかつてのソビエトや共産党での活動経験を持たない新米議員である。政治的には、ナホトカ船舶修理工場・技術管理部の職長ウラヂーミル・ニズィーがロシア共産党員であるのみで、残りの議員は無党派である。議会成立後1年間は、グニェズヂーロフ市長が市議会議長代行を務めたが、1997年11月、議会はニズィーを議長に選んで自立の道を歩み始めた。ニズィーは1947年生まれ、高専卒業、1970年代以来、ナホトカ船舶修理工場で働いてきた。旧体制下では平党員であり、共産党やソビエトの有給職に就いたことは一度もなかった。旧体制崩壊のいきさつに義憤を感じて新生ロシア共産党の活動家になり、それを理由にかつての自分の党指導者(で今や資本家)に解雇され、子会社にあたる技術管理部門に移った。1996年12月に市議会に当選、翌年4月以降、専従有給議員となり、11月に議長に選出された(104)。

市長と市議会は市憲章草案をめぐって対立している。そもそも1995年連邦地方自治法は、個々の自治体に、憲章を締結して自らの組織形態を選ぶ自由を与えた。理論的には、(執行権力が弱い順に)次の4形態が考えられる。?市議会が市長を選出するカウンシル制、?市長は直接公選されるが、市議会と市長が共同して執行権を行使する南ドイツ型、?直接公選市長と市議会との権力分立(日本型)、?直接公選市長を執行権力のみならず「自治体の長」とする執行権力優位の権力統合型(この場合、市長が市議会議長を兼ねることが多い)。筆者は、?の例には一度も出会わなかった。?は、タンボフ州ヨトフスク市の1例を知るのみ、圧倒的多数は?か?を選択した。このうち、リージョン・レベルで知事が強く、執行権力の優位を自治体レベルでも貫徹しようとする傾向が強いリージョンでは?が自治体に押しつけられる。これらのリージョンでは、連邦法が保障した自治体の組織形態選択の自由は有名無実化する。筆者が知る限りでは、サマーラ州、スヴエルドロフスク州、リペツク州、そして沿海地方がこれにあたる(例から明らかなように、これは「知事が右か左か」とは関係がない)。沿海地方の地方自治法は、?を全ての自治体に義務とした(第26条)(105)。多くの自治体はこれに従ったが、ナホトカ市議会は?型の憲章を準備した。ここでは、市長はあくまで執行権力の長に過ぎず、市議会の決定は(市長のみの署名ではなく)市長と市議会議長の連署を以て発効する。グニェズヂーロフ市長は、この憲章草案がクライ法に違反していることを理由にそれへの署名を拒否した。市議会は、そもそもクライ法が連邦法に違反していることを主張して対抗している(106)。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,236位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
8,593

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.地方都市における大学を核とした地域づくりに関する調査研究
2.定住と交流の促進による中山間地域振興に係る施策のあり方に関する調査研究
3.山麓地域の広域的連携による地域活性化方策に関する調査研究
4.レクリエーション拠点整備による中山間地域の振興に関する調査研究
5.住民向け地理情報システムの構築に関する調査研究
6.沿岸地域における若者定住対策に関する調査研究
7.遊休義務教育施設の活用による地域振興策に関する調査研究
8.産業構造の転換に対応した地域社会づくりに関する調査研究
9.新しい高齢者介護システムに対応する地域福祉体系構築に関する調査研究
10.首都機能移転への地方公共団体の係わり方等に関する調査研究
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.ホール文化形成のために?ホール文化形成のための調査研究?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から