日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


―ダーの地位にあるのである。ロシアには、サマーラ州、ウリヤノフスク州のように、いまだに市長・地区首長の4割近くが旧党第一書記、旧ソビエト執行委員会議長であるような州もあるが、スヴェルドロフスク州や沿海地方のように共産党体制が根こそぎ転覆されたリージョンでは、グニェズヂーロフのような例は稀である。ただし、市民にとつては共産党体制時代の指導者が生き残った場合の方が概して幸せであることは、ウラジオストク市の惨状とナホトカ市を比べれば納得されよう。グニェズヂーロフは、ロシア連邦の優秀な市長50傑の一人に数えられているそうである。

首長が長期安定政権を築いている場合、飽きられるという側面と、比肩しうるライバルがいなくなるという側面とがあるが、ナホトカ市の場合は現時点では後者である。1996年12月の市長選挙では、有効票の68.5%がグニェズヂーロフに投じられた。最後の市党第一書記であったユーリー・メリノフは、まだ市内に住んでいることは確かだが、市庁の指導者でさえ彼がいま何をしているのか知らない。1990年春の民主化ソビエト第1会期でソビエト議長に選ばれたイーゴリ・ウスチーノフ(元ナホトカ漁港長)は、1991年にナホトカ自由経済特区が設立された際にその初代管理委員会議長となり、1993年には第1期下院議員としてモスクワに転出した。1997年12月現在、ナホトカ自由経済特区のモスクワ駐在代表である。ソビエト議長としてウスチーノフの後を継いだミハイル・ベセーヂンは、1993年のソビエトの廃止後は、故郷のヴォログダ州に帰ってそこで地方都市の市長となった。さらに、かつての市長代理のうち相対的にキャリアがあった2名は、グニェズヂーロフに対抗して1996年市長選挙に出馬した。落選後は、当然、この人々は代理職を辞したから、1997年12月現在、グニェズヂーロフの5名の代理たちは皆、およそ1950年前後の生まれ、1993年以降に市庁の指導的な地位についた新人ばかりである(103)。

こうして高い権威を誇る市長への挑戦は、思わぬ方向から降りかかった。それは、市長と同時に選ばれた市議会である。これは、市ソビエトの廃止後、3年ぶりに成立した代議機関である。ナホトカ市でも1994年3月に市議会選挙が予定されていたが、ナズドラチェンコとチェレプコーフの対立の巻き添えを食って延期された。1995年1月に実施された選挙では、低投票率のため、予定された15名のうち3名しか議員が選ばれなかった。やむを得ず、この3名を含めて、市長の諮問機関としての「社会会議」が設立されたが、これはもちろん予算の審議権などは持たない機関であった。ウラジオストク市と同様、当時のロシアの基準に照らしても非民主的な行政府独裁が成立したのである。

1996年12月22日、市長選と同日投票であったことから今度は市議選も成立し、定数11名の議会が生まれた。その社会的構成は、会社社長3名、市病院長、教員1名、

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,241位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
8,950

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.地方都市における大学を核とした地域づくりに関する調査研究
2.定住と交流の促進による中山間地域振興に係る施策のあり方に関する調査研究
3.山麓地域の広域的連携による地域活性化方策に関する調査研究
4.レクリエーション拠点整備による中山間地域の振興に関する調査研究
5.住民向け地理情報システムの構築に関する調査研究
6.沿岸地域における若者定住対策に関する調査研究
7.遊休義務教育施設の活用による地域振興策に関する調査研究
8.産業構造の転換に対応した地域社会づくりに関する調査研究
9.新しい高齢者介護システムに対応する地域福祉体系構築に関する調査研究
10.首都機能移転への地方公共団体の係わり方等に関する調査研究
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.ホール文化形成のために?ホール文化形成のための調査研究?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から