日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


極端に少なく(後者については千部)、手に入り易い資料ではない。クライ法には税制、許認可など市民生活に密着したものも多いのだから、それを広範に普及する努力がなされていないことは問題である。

主な新聞としては、通常の商業紙として『ロシアの朝(Utro Rossii)』、『ウラジオストク(Vladivostok)』、『赤旗(Krasnoe znamia)』があげられる。『ロシアの朝』は、沿海地方ソビエトの機関紙として1990年9月に創刊され、1998年のソビエト廃止後、商業紙となったものである。発行部数は約1万6千部である(14)。『ウラジオストク』は、ソ連共産党ウラジオストク市委員会およびウラジオストク市ソビエト共有の機関紙であった『夕刊ウラジオストク』がソ連共産党の廃止後に衣替えしたもので、発行部数約8万郡である。『赤旗』は、ソ連共産党クライ委員会とクライ・ソビエトの機関紙であったものが、同じく8月クーデター後、商業紙となったものである。こんにち、以上3紙のいずれも、かつて共産党やノビエトの機関紙であったという印象は全く与えない。ナズドラチェンコ知事に対しても、チェレプコーフ市長に対しても、是々非々の立場をとっている。

党派の機関紙に該当するものとしては、ナズドラチェンコ系の『ノーブォスチ(Novosti)』とチェレプコーフ市長派の『沿海(Primor'e)』があげられる。『ノーヴォスチ』は、ナズドラチェンコ体制が生まれた1993年に創刊され、当初は通常の政治社会新聞をめざしたが、おそらく購読数が伸びなかったのだろう、間もなく売春の広告が一面つぶして載るような低級新聞に生まれ変わった。それが効を奏したか、こんにちでは大変人気があり、1998年の契約数7万郡と、『ウラジオストク』に迫る勢いである。調査する側としては、売春の広告の隣に重要な法案が載っていたりするのでギョッとさせられる(15)。『沿海』は、1997年2月以降発行されるようになった新聞であり、発行部数は約10万部と言われ、これだけをとれば沿海地方最大であるが、ほとんど無料で配布されていることから、市庁の公金から援助を受けているのではないかという疑惑が持たれている。このほか、ロシア共産党クライ委員会の機関紙としての『人民権力(Narodvlastie)』があげられるが、おそらく発行部数は微々たるものだろう。

以上が印刷資料であるが、これらを渉猟すべき場であるクライ図書館は破局的な状況にある。人員削減のため書庫労働者は解雇され、司書自身が書庫に入って本,雑誌を持ってくる。したがって本の注文カウンターの前には長蛇の列ができる。利用者自身が司書と共に書庫に入って運搬を手伝わなければならない場合も多く、当然の結果ながら、本・雑誌の保管場所は乱れ、検索カードは散逸した状態である。検索はもとより利用者登録でさえコンピューター化されていないが、これは近年のロシアのリージョン規模の図書館としては希な事態である。後述の

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,236位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
8,593

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.地方都市における大学を核とした地域づくりに関する調査研究
2.定住と交流の促進による中山間地域振興に係る施策のあり方に関する調査研究
3.山麓地域の広域的連携による地域活性化方策に関する調査研究
4.レクリエーション拠点整備による中山間地域の振興に関する調査研究
5.住民向け地理情報システムの構築に関する調査研究
6.沿岸地域における若者定住対策に関する調査研究
7.遊休義務教育施設の活用による地域振興策に関する調査研究
8.産業構造の転換に対応した地域社会づくりに関する調査研究
9.新しい高齢者介護システムに対応する地域福祉体系構築に関する調査研究
10.首都機能移転への地方公共団体の係わり方等に関する調査研究
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.ホール文化形成のために?ホール文化形成のための調査研究?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から