日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


(4) その他

 

最後に、以上の区分には含めえない事例として、市民の居住・移転の自由と地方の法令がぶつかった例であるが、一定の地域に定住のために移住してきた市民の登録手続を規制するモスクワ市、モスクワ州、スタヴロポリ地方、ヴォロネジ州およびヴォロネジ市の一連の法令の合憲性が問われた事件(1996.4.4)を取り上げたい(『憲法裁』96-2)。

事実は以下のとおりである。まず、スタヴロポリ地方では、臨時の規程ではあるが、カフカース・ミネラル・ヴォートの居住地域を永住地とすることは、特別の許可がある場合にだけ可能であり、しかもこの許可は毎年当該居住地域の住民の0.5%にあたる枠内で付与するとされた。

モスクワ州では、行政長官の処分により、モスクワ州に他の市から専門家を招請する権利に対する許可証の取得申請の審査手続が承認され、その料金が定められた(モスクワのベッドタウン地域の地区では3人以下の家族で900万ルーブル、それ以外の地区では600万ルーブル)。さらに、その支払が居住登録の前提とされた。

モスクワ市の場合は、「市のインフラ整備に関する市予算の支出の手当とモスクワ市に移住してくる市民の社会生活サービスの保障に対する税金についての法律」で、モスクワ市に移住してくるロシア市民は、その所有権を有する住宅地に対し最低賃金の月額の500倍の額の税金を支払うことを定め、モスクワ市における居住登録(登録)は、この法律の定める税金を払った市民に対してのみ行なわれるとした。モスクワ州も同様の措置を定めた。

いずれもが、憲法上の市民の権利・自由に対する重大な侵害であるとされた事件である。

スタヴロポリの場合は保養地の特殊性、モスクワの場合は大都市の人口・産業政策といった問題も考慮されなければならないが、こうした問題も憲法裁判所が地方の問題にかかわって審理しているという事実だけを指摘しておくにとどめたい。

 

4 むすび

 

以上、憲法裁判所の扱った事件をそれぞれ簡単に紹介してきた。二重構造をもつ自治管区の制度はロシアに特有の問題であるし、構成主体の選挙にからむ問題や地方自治の形成途上に発生する諸問題も、おそらくは過渡的な現象ではあろう。

ロシアでは、地方自治原則が認められるようになったのは91年のことであったが、その後長くその実現はモラトリアム状況におかれ、市場経済への移行にともなう混

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,243位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
7,860

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.地方都市における大学を核とした地域づくりに関する調査研究
2.定住と交流の促進による中山間地域振興に係る施策のあり方に関する調査研究
3.山麓地域の広域的連携による地域活性化方策に関する調査研究
4.レクリエーション拠点整備による中山間地域の振興に関する調査研究
5.住民向け地理情報システムの構築に関する調査研究
6.沿岸地域における若者定住対策に関する調査研究
7.遊休義務教育施設の活用による地域振興策に関する調査研究
8.産業構造の転換に対応した地域社会づくりに関する調査研究
9.新しい高齢者介護システムに対応する地域福祉体系構築に関する調査研究
10.首都機能移転への地方公共団体の係わり方等に関する調査研究
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.ホール文化形成のために?ホール文化形成のための調査研究?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から