日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

野外指導者養成キャンプ(野外セミナー関東地区)資料集

 事業名 キャンプリーダーの育成
 団体名 小野田自然塾 注目度注目度5


そのときこそ指導者の存在感を子どもたちに印象づける最上の機会です。それでこそ子どもたちの信頼を得ることができるのです。

平常は子供たちと同レベルを装って子どもたちの自主性、自立性の養成に勉めていることは理想であっても、困難に直面したとき指導者はその解決に当たらねばなりません。

平素より指導者としての知識、見識、技能を高めておく必要があります。

 

子どもたちの、こうした行動の中に失敗はつきものです。子どもたちにとって失敗は経験なのです。

失敗を重ねながら総てのものを覚え体験してゆくものですから、指導者はその失敗を笑ったり叱ってはなりません。

むしろ失敗に至るまでの過程で子どもたちが努力してきたことを認め、これを誉め、更なる挑戦へと励ますことが大切です。

大人の感覚で子どもたちを判断し評価することは大きな誤りです。子どもたちの行動を詳しく観察すれば、自分自身の幼い時代がどのようであったかを思い出せる筈です。

 

このように自然熟の指導理念は、自由、自主、積極を尊んでいますが、総てが自由、放任ということではありません。いずれ社会人として巣立ち、次代を担う人にならねばならない子どもたちですから、少なくとも他人に害を与え、迷惑を掛ける行為だけは絶対に許せません。それは社会人として失格なのですから。

子どもたちの中に、もしそうした誤った行為、行動をしたのを発見したときは、厳しく注意する必要があります。故意によるもの、悪戯、過失とそれぞれ原因は異なっても、それなりに注意しなければなりませんが、自分で注意方法が判断できない場合、私達リーダーにすぐ報告して下さい。

 

最後に最も大切な事項を述べます。

それは子どもたちの事故防止に対する絶対条件です。キャンプ中は片時も忘れはならない重大で、かつ責任あることです。

私、小野田を含むキャンプ立案に関係する者一同は、綿密な調査と過去の教訓に従って、事故に対して充分対応できる計画を立てています。

 

しかしながら子どもたちのキャンプは、楽しく興味あるものでなければならないのです。その理由は、子どもたちは未だ体力、知力共に発達段階にあって、我々成人と同様な感覚を持ち合わせていません。成人した者は、いうならば打算的な一面があります。何かを求めるために苦労も忍耐もいとわず行動しますが、子どもたちにそれを求めるには時期が早過ぎるのです。

子どもたちの本能は、総て目前にある対象に対し、興味あるものにだけ心を動かし、行動に移してそれを知識とし、体験として育ってゆくものです。

年齢の少ない幼児ほど、その傾向が強く働いていることは諸君も見て知っていることでしょう。子どもたちは未だその延長線上にあります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
407位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
24,720

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.野外指導者養成キャンプ(九州地区)募集案内・参加者しおり
2.野外指導者養成キャンプ(中部地区)募集案内・参加者しおり
3.野外指導者養成キャンプ(関東地区)募集案内・参加者しおり
4.女性のためのキャンプ募集案内・参加者しおり
5.子どものためのリーダートレーニングキャンプ募集案内・参加者しおり
6.大学生のための野外セミナー−野外活動実践と講義−募集案内・参加者しおり
7.「キャンプリーダーの育成」の報告書
8.ボランティアリーダー育成研修会テキスト(平成8年度夏期林間学校)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から