日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

野外指導者養成キャンプ(野外セミナー関東地区)資料集

 事業名 キャンプリーダーの育成
 団体名 小野田自然塾 注目度注目度5


はじめに

自然塾は青少年育成のために活動しているもので、その目的とするところは、他の諸団体と少しも変わるところはありません。逞しい青少年の育成です。
ただ自然塾は、次の理念に基づきその方法手段を考え実施しているもので、育成の場を野外に求めキャンプを行っていますが、一般社会通念であるレジャーあるいはリフレッシュではないことに注意して欲しいのです。
自然塾の根本的な発想は、現在子どもたちにみられる問題を解決するため、我々人間の古里、つまり我々祖先が生活した場所に戻って、子どもたちだけの社会を作り、そこでの簡単な生活の中から
1)自然の恩恵、自然の偉大さ、尊厳と怖さ等、我々人間も自然界の一分子であることを悟り、自然と共に生きなければならない宿命にある生物である、とした敬虔な気持ちを感じ取ること。
2)集団(社会)、いいかえれば数多くの他の人間より受けている恩恵を知り、従ってその集団を維持するために必要な規律を守り、強調と協力の必要を悟り、自己中心的な考え方を戒めなければならないことを体験し、同時に遠い祖先の時代より現在に至る歴史の中で、集団が存在したために発達してきた文明の恩恵(つまり他人の恩恵)の有難さを認識させようとするものです。
3)もちろん運動は、特に生長期の青少年に欠くことのできない要素です。
運動によって身体各部の発達を促し、生涯を通じて恵まれた健康を保持し、逞しく目的に向かって生き抜かなければなりません。
以上の観点から、子どもたちに自由に自主的に野外で活動させねばなりません。
子どもたちが自分で発見し、感動を覚えて行動して体験となり体得するものです。
それが子どもたちの真の自信となり、また個性の発見へとつながってゆくものです。そのため、集団の規律を必要以上に要求し、あるいは自己防止に腐心する余り、私たち指導者(大人)の過度の介入は慎むべきです。
そうでなければ、現在子どもたちの欠点とされる「指示待ち」の姿勢から脱皮させることはできません。
確かに子どもたちは野外活動に対する知識も経験も少なく、実際上自力だけでは何事もはかどらず、とまどうばかりですから、必要最低の事項は教えなければなりません。(たとえば、火の起し方、炊事の方法、テントの扱い方等)
しかしながら、スケジュールの消化や結果を急ぎ求めて、過度に教えて子どもたちが自分で考え、決断して実行する課程において、このような「解答を先に教えてこれに従わせる」方法は、子どもたちに自信を得させる機会を与えない残念な結果になることに充分留意すべきです。
当惑して処置に困っている場合、ヒントを与え、あるいは誘導する発言をして、子どもたちに自分で「解答」を出させることです。
もし、子どもたちだけの能力では実行不可能と判断した場合、指導者は直ちに行動を起こし、解決しなければなりません。

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
419位
(30,518成果物中)

成果物アクセス数
23,270

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年2月16日

関連する他の成果物

1.野外指導者養成キャンプ(九州地区)募集案内・参加者しおり
2.野外指導者養成キャンプ(中部地区)募集案内・参加者しおり
3.野外指導者養成キャンプ(関東地区)募集案内・参加者しおり
4.女性のためのキャンプ募集案内・参加者しおり
5.子どものためのリーダートレーニングキャンプ募集案内・参加者しおり
6.大学生のための野外セミナー−野外活動実践と講義−募集案内・参加者しおり
7.「キャンプリーダーの育成」の報告書
8.ボランティアリーダー育成研修会テキスト(平成8年度夏期林間学校)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から