日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

インターネットの有効活用の調査研究

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


 

第2節 地域における情報活用の基盤の整備

ネットワーク社会の進展とともに、今後ますますインターネットやパソコン通信等の通信ネットワークが中心的なメディアとなると考えられるが、このためには住民が通信ネットワークを容易に活用することができるように、地域において情報通信基盤の整備が必要になる。

こうした中で、地方公共団体としては、地域における情報通信基盤の整備が進展するように、インターネットを始めとした通信ネットワークの活用を先導的に推進するとともに、公共事業の中での大容量回線の利用や地方公共団体の内部業務での利用等をとおして、地域社会におけるネットワーク活用の喚起等を促すことが重要になる。

ここでは、こうした喚起等を促すことにつながると考えられる事項についてまとめた。

(1)情報通信基盤の整備

平成7年に高度情報通信社会推進本部が決定した「高度情報通信社会推進に向けた基本方針」では、情報通信基盤について、21世紀に向けた高度情報通信社会の構築に向けた動きを加速・推進するためには、情報・知識の創造・流通・共有化を支える高度な情報通信インフラを早急に整備しなければならないとした上で、これは多大な投資を伴うものであり、情報通信関連産業の市場規模を拡大し、リーディング産業としての役割を強めるだけではなく、人間の知的生産活動の活性化を通じ、多くの新規事業を全国各地に創出しうるものである、としている。

将来の地域社会においては、通信ネットワーク上で展開される様々なアプリケーションやサービスが企業活動や住民の生活の中に普及するようになり、通信ネットワークは様々なサービスのバックボーンとして位置づけられるようになるであろう。

通信回線整備主体は主としてNTTが担うこととなる。NTTでは、全国的な基幹回線の大容量化(光ファイバ化)に続き、現状の電話回線の大容量化を進めており、その最終目標は「西暦2010年の時点でのすべての電話回線の光ファイバ化完了」である。整備については、ビジネスエリア等の地域経済活動の中心地域である、政令指定都市や県庁所在地級都市及び人口10万人以上の都市等から先行的に進められている。

地方公共団体においては、自らの地域におけるこうした情報通信基盤の整備状況や整備計画等を考慮して、地域の特性に応じた先導的な情報通信システムの開発・普及に係る取り組みを行うとともに、知的活動の基盤となるコンテンツの質的・量的充実を図ることが期待されている。

また、民間事業者による整備が都市部に比べ遅れがちな非採算地域において、情報通信分野における地域格差を是正するために、民間事業者の整備を補完する観点から、必要な施策を検討する必要がある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,945位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
2,129

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
2.地震災害時における情報システム部門の対応策の調査研究−阪神・淡路大震災における課題と対応−
3.コンピュータシステムに関する教育研修
4.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
5.へき地住民の健康増進に関する研究等
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から