日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

インターネットの有効活用の調査研究

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


 

第2節 地方公共団体におけるホームページ公開状況

本節では、地方公共団体におけるホームページ公開状況について、「全国自治体マップ検索」への登録団体を基にまとめた。

2−1 阪神淡路大震災を機に利用が拡大

日本の社会全体、とりわけ地方公共団体がインターネットに取り組むきっかけとなったのは、不幸な事件ではあったが、平成7年1月17日に発生した阪神淡路大震災と言ってよい。震災発生直後、既存の交通機関、通信回線、その他情報インフラがダウンしていた中で、神戸市の行った「インターネット情報発信実験」による情報は、正しい被災状況を地域外に伝えた。特に、地震直後の被災状況の画像をホームページに掲載し、世界中に事態の深刻さをアピールしたことで、「世界に通じるメディア」として大きな注目を集めた。

022-1.gif

図1-6 ホームページで公開された阪神淡路大震災直後の被災状況画像

出典:神戸市ホームページ(http://www.kobe-cufs.ac.jp/kobe-city)

 

また、その後の住民の安否情報や、救済のための義援金情報、ボランティア情報等を発信するなど、震災からの復興にインターネットは大きく寄与し、「災害時にもダウンしないネットワーク」のイメージを深めた。そして、震災を機に、中央省庁・地方公共団体等多くの行政機関が、行政情報の発信や行政・公共機関内の防災施策の中でインターネットを含めた「防災ネットワーク」の検討を始めている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,945位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
2,129

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
2.地震災害時における情報システム部門の対応策の調査研究−阪神・淡路大震災における課題と対応−
3.コンピュータシステムに関する教育研修
4.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
5.へき地住民の健康増進に関する研究等
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から