日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


録を行うこともできる。

(3)各機能の優先順位一般に異常発生の書報動作を最優先とする。

特に連続監視方式では竈報動作を他の機能と無関係に独立して行うことができる。

(4)その他の機能上述のほか、次のような機能が付加されたものもある。

(a)ロガーの自己点検機能とバックアップ機能

(b)ロガーからアナログ指示計(圧力計、温度計など)やアナログ記録計などへの信号供給機能

(c)ロガーから系統別書報の居住区域書報盤への供給機能

(d)警報の発生順番の識別機能

(e)計算機能(平均値、軸馬力、燃費率の計算など)

(f)簡単な制御機能(オン・オフ制御など)

(g)判断機能(異常の診断や故障の予測など)

(h)ロガーと他のシステム(例えば計算機など)との結合機能

データロガーの構成機器は製造者により、多少異なるが、一般的な主要機器は次のとおりである。

(a)検出器(アナログ式)

(b)データロガー本体

(c)記録器(タイプライタ、ラインプリンタなど)

(d)操作及び表示ユニット

 

7.6.3 ボイスアラーム

自動化される各装置は完全にその機能を発揮し、事故が皆無なことが理想ではあるが、これを期待することは難しい。事故発生の場合、これを自動的に修理して、正常状態に復帰させることは望ましいことではあるが、そうでないものは、人間がその対策や処理や処理を行わねばならぬ。そうなると人に提供された情報のうち、火災、操舵機の故障、機関の故障、その他重要な装置の故障に対する警報は、できる限り速かに具体的にして簡明に伝達されることが必要で

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
300,878

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から