日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

現図システム運用マニュアル

 事業名 小型船造船所に適する省力化技術の調査研究
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

5.3 線の作成

5.2で入力したMS-Excelの表を使って、Autoshipで各ステーションの断面形状を表わす線を作成します。

028-1.gif

Autoshipを立ち上げて、メイン画面左側のサイドツールバーの[Create Mode(作成モード)]ボタンをクリックするとサイドツールボックス上段真中の[Create Curve(線作成)]ボタンが表示されるので、それをクリックします。すると、次のような[Create Curve(線作成)]ダイアログボックスが現れます。

注)例では座標値ボックスの長さ方向、幅方向、高さ方向がそれぞれX、Y、Zになっています。これは、[Settings(設定)]−[Preferences(選択)]メニューの[Coordinate System(コーティネイトシステム)]ボタンをクリックして[Coordinate Type(コーディネイトタイプ)]を[Engineer/Scientific(エンジニア/サイエンティフィック)]に設定したものですが、他にも造船向けの座標系等の選択設定をすることができます。

注)例では[Settings(設定)]−[Units(単位)]メニューで[Length(長さ)]を[Meters(メーター)]、[Weight(重量)]を[Kilograms(キログラム)]に設定しています。

028-2.gif

[Lofted(ロフト)]をクリックして前面表示させます。[Name(名前)]は単にCurve1、Curve2、Curve3、…とすると、後にどの線を表しているのか、わからなくなってしまうので、ST 1.5のように具体的な名前にします。[Add Point(点追加)]ボタンをクリックして、そのステーションのセル(行)の数に応じてセルを増やします。例えば、MS-Excelでのステーションのセルの数が7つの場合はAutoship側でも、セルを7つに増やします。増やし過ぎた時は[Delete Point(点削除)]ボタンで減らします。

次に、アプリケーションをMS-Excelに切り替えてコピーする部分(下表では灰色部分)をドラッグして反転表示させ、[編集]−[コピー]メニューのコピーをクリックします。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
563位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
17,672

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「小型船造船所に適する省力化技術の調査研究」の報告書
2.工事完成写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から