日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

造船現図指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

こと、この2つに単純化される。この実名の代りに、その角度を決める対角線の実長を求めてもよい(図2.1.2)。

このように空間にある形状の特徴と性質を直感的に考えつくことが、展開を理解する早道である。

この空間形状を直観でつかむようになるには、例に挙げたように大根や羊かんを切って体験するまでもない。造船現場には、その修練:イメージトレーニング(Image Training)の題材が多くある。

「現図は用もないのに現場をうろうろするな」ではなく「現図は仕事を磨くために現場を見よう」と励ましておきたい。

027-1.gif

図2.1.2

この感覚の有無は、正面線図上のLong.Fr.(Longitudinal Frame)の断面作画に見取ることができる。形鋼断面のウエブ深さは正規に求められているが、フランジの長さと角度は無視されている例が多い(図2.1.3)。一般にLong.Fr.の貫通部はOpen Slotであり、ランディング(Landing)でのLongとTransとの斜行は少ないから、精度上の問題とならず、ウエブ深さのみ作業手順として伝えられてきた結果であろう。

また別事例(図2.1.4)として、

027-2.gif

で、「容貌が気に入らない」

と撥ね返している現図熟練工の声を聞いたことがある。まず形状の性質から納得がいかない、というのである。型作成者が展開作業をやり直したら、やはり間違っていた。

これらの事例からも、展開作業は、定性推察から定量確定へ進めるもの、と学び取ることができる。

027-3.gif

図2.1.3

 

027-4.gif

図2.1.4

 

1.3 現図空間は格子枠

空間はそのままでは漠として捉えどころがない。形状を定量化するには、なんらかのより所がいる。

造船現図では、このより所を空間格子枠としている。

船のW.L.(Water Line:水平面群)⇒水平格子

B.L.(Buttock Line:縦断面群)⇒縦格子

F.L.(Frame Line:横断面群)⇒横格子

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
66位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
162,074

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.通信教育造船科講座 船舶計算
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から