日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

造船現図指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

そして、このジャングル・ジムのような格子枠を、水平・縦・横にアコーデオンのように圧縮して重ね、それぞれを平面・側面・正面として、船の現尺三面図を描く。船体全曲面はそれぞれの面に、地図と同じ要領の等高線で表現される。この現尺線図があるものとして、以降の展開は説明する。実際には船首尾端のみ三面図があり、中央部では正面図のみ描き、平面・側面は省略されるが、これは正面図があれば、この格子枠の構成から、必要なとき描けるからである。
ここで、これまでの話をまとめておこう。

028-1.gif

1.4 造船材料と工作法
展開により求められた取材形状をマーキングする素材としては、板材と形材がある。形材とは平板矩形の板材以外を言い、一定断面を持つ圧延材である。展開の対象としては、船殻構造材として一縁辺が板面に取付けられる帯林・山形材(珠山形を含む。)に限る。
このほかに管材・丸形材・溝形材なども用いられるが、一般図学や用器画の学習書の応用で求められるので、解説を省略する。
さて、展開は工作法によって変る。
曲げ加工には、プレス押し変形と加熱収縮を利用する変形とがあり、それぞれ単独に又は併用される。プレス加工では材料は伸びと縮みの両方が起こるが、熱加工では収縮のみが起こる(実際には収縮の反作用により僅かの伸びが生じることがあるが、収縮に比べて無視できるほど小さい。)。
船殻の組立には、内部構造の骨組を先に固めておいて、あとで皮板を個別に張付けてゆく方法〔骨立揃え→皮張付け〕と、皮板を先に継いで板面を組立後、骨(または骨組)を配材取付ける方法〔皮板組→骨取付け〕がある。
あとで詳しく説明するが、曲り外板の展開は近似的であり、不完全であるから、板継ぎ後に空間的に仕上げ(ブロック・マーキング、再切断)する必要が生じる。この場合は板継ぎシームが合い易いよう、ブロック内は同一展開法を適用するのが良いが、単板で皮張付けなら、その配慮は役に立たず、より近似度の高い展開法を作業が面倒でも採用すべきである。
なお、この曲り外板部にSea Chestなどの開孔がある場合、一般に板の位置が固まった時点で穿孔するが、この開孔の形状を求めることも展開と称している。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
66位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
162,074

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.通信教育造船科講座 船舶計算
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から