日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船舶関係法規

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 特定設備は同一敷地内にあるのを原則とするが、少し位離れた所にあっても不便なく使用できる場合は差支えない。

 6.2 現図場について

 現図場とは現図作業を行う場所である。

 現図は、船体線図を現図場の床面に現立大に固くのだから、建造しようとする船と同じ大きさが必要だということになるが、実際には船体を前後に2分してこれを重ね、又平面図は片舷だけを固くようにして長さ、幅とも半分ずつですましているが、 これに若干の余裕は見ておかなければならない。

 反覆・継続の使用に耐えるよう永久建築とし、雨天にも作業できるよう屋根を備えることとする。

 6.3 溶接用変圧器

 溶接用変圧器とは、溶接器に用いられる電源設備のことであって、もし自家用の 発電装置があればそれでもよい。

 普通、造船所では電力会社から3300Vの交流が 送られてくるので、これを220Vに減圧して使用しているが、このための受電変圧器を溶接用変圧機と考えることとする。

 但し、溶接以外に大きな電力を消費するものと 併用の場合は、その分だけ差引いて考えなければならない。

 6.4 溶接定盤について

 最近の鋼船はすべて溶接でできているが、この溶接は船台上で窮屈な思いをしな がら作業するよりも、広い地上で楽な姿勢でやった方がはるかに能率があがりかつ 良い溶接ができる。

 更に、何もない地面の上でやるよりも「溶接定盤」の上でやった方が便利で仕事も正確にできるが、これは表面が水平で変形しにくく機械の拘束に便利であること、 アース兼用となり水はけもよいことなどの利点があるからである。

 特定設備の中に「溶接定盤」が採り入れられているのも、これに使うことにより 能率よくしかもよい仕事をして貰いたいという趣旨にほかならない。

 溶接定盤は、一般に形鋼材を格子状に組んだものや、レールや形鋼材を平らな コンクリート表面に植込んだものが用いられているが、移動式のものでも差支えない。

 6.5 ドックについて

 ドックには乾ドックと浮ドックとがある。ドックの大きさは、最大船舶を入れてもなお前後左右に若干の余裕がなければならない。浮ドックでは、長さは船の長さより短くてもよいが、船を持ち上げるだけの浮力がなければならない。

 何れの場合も、船を支えられるだけの耐圧力を持ち、かつ十分な力量の排水ポンプを備えて

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
271位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
40,404

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から