日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船舶関係法規

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


に検査を繰上げて受検したい場合は、繰上げて受検することができる。 (施行規則第17条〜第19条)なお、検査の延期は、定期検査、又は中間検査において、やむを得ない理由がある場合、管海官庁、小型船舶検査機構又は日本の領事官に 申請すれば、1ヵ月を限度として管海官庁、小型船舶検査機構又は日本の領事官が 指定する時期まで当該検査を延期することができ、また、定期検査又は中間検査の 時期が、外国の港から本邦の港又は検査を受ける予定の他の外国の港に向け航海中となる船舶については日本の領事官に申請すれば当該検査を5月(液化ガスばら積船に液体科学薬品ばら積船及び船台が1O年以上であるタンカーにあっては3月)を限度として延期することができる。(施行規則第18条、第46条の2)

5.3 検査の引継・委嘱

船舶を製造し、又は修繕する場合において、各専門工場の所在地が異なる場合が あり、同一の管海官庁で検査の全部を行うことができない場合がある。このような 場合には、管海官庁に申請し、他の管海官庁へ検査の一部を引継ぎ又は委嘱を行う ことによってもできる。(施行規則第15条)

5.4 検査の準備

申請者は、検査を受けるべき事項について、次のような準備をしなければならない。

(1)定期検査(施行規則第24条)

定期検査を受ける場合の準備は、次に掲げる準備並びに海上試運転及び復原性試験の準備がある。

一 船体にあっては次に掲げる準備

(イ)ドック入れ又は上架をすること。ただし、総トン数50トン未満の木船にあっては、すえ船とすることができる。

(ロ)かじを持ち上げるか又は取りはずすこと。

(ハ)船体に付着した海草、貝等を取り除くこと。

(ニ)船底包板の一部を取りはずすこと。

(ホ)船体内都にある貨物、石炭及び固形バラストを取り出すこと。

(ヘ)船体内部の船体に固着しない物品を取りかたずけること。

(ト)タンクのマンホールを開き、かつ、内容物及び危険性ガスを排出すること。

(チ)貨物区画及び石炭庫の内張板の一都を取りはずすこと。

(リ)甲板被覆及び船底セメントの一都を取りはずすこと。

(ヌ)船体主要部のさび落しをし、かつ、厚さを測定できるようにすること。

(ル)木製船体主要部の固着くぎの一部を抜くこと。

(ヲ)船体内外都の適当な場所に安全な足場を設けること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
271位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
40,404

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から