日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

平成8年度「危険物の安全運送に関する講習会」テキスト

 事業名 危険物の危険性評価に関する講習
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


 

第11章 クラス5(酸化性物質類)に関する特別規定

○酸化性物質及び有機過酸化物

○有機過酸化物の分類、容器及び包装

○SADT、非常温度等の決定

第12章 複合運送用タンクに関する規定

○複合運送用タンクコンテナの構造及び取扱いに関する一般要件

○常温液化ガスを運送する複合運送用タンクコンテナの構造及び取扱いに関する一般要件

○各クラス危険物運送用タンクコンテナに適合する特別要件

第13章 運送手続きに関する規定

○品名、表示、標札及び輸送書類

○オーバーパック及びサルベージ容器

○危険物の隔離

第14章 クラス4(可燃性物質類)に関する特別規定

●区分4.1:可燃性物質、自己反応性物質及び関連物質並びに鈍感化爆発物

●区分4.2:自然発火性物質

●区分4.3:水反応可燃性物質

第15章 少量危険物に関する特別規定

第16章 中型容器(Intermediate Bulk-Containers ( IBCS )) に関する規定

○すべての種類の IBCS に適用する一般規定

○金属製、フレキシブル、硬質プラスチック製、ファイバ板製、木製及び複合IBCSに関 する特別要件

第17章 深冷液化ガス用複合運送用タンクコンテナ

○深冷液化ガス用タンクコンテナの構造及び取扱いに関する一般要件

 

(2) 国連勧告の別冊は、"Manual of Test and Criteria"(通称"Test Manual)として,改正第2版(ST/SG/AC.10/11/Rev.2)が次の内容で出版されている。

Part ? クラス1の火薬類に関する分類法、試験及び判定基準

Part ? クラス4.1の自己反応性物質及びクラス5.2の有機過酸化物に関する分類法、試験及び判 定基準

Part ? クラス3、4、5.1及び9の分類法、試験及び判定基準

 

付録

付録 1  基準雷管の規格

付録 2  ブルセトン法及び試料比較法

付録 3  キャビテーション見本

付録 4  試験法の詳細に関する各国連絡先

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
130位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
107,081

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.平成8年度「危険物の安全運送に関する講習会」開催案内
2.「危険物の危険性評価に関する講習」の報告書
3.「貨物の液状化特性に関する研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から