日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第3回“マンガを使った魔法の(チャレンジ)授業”?

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


「マンガで数学教育」谷川彰英
 
 谷川――私は大学のゼミで、マンガを使って授業を作ることを7年ほどやっていて、毎年いくつかの授業を開発しています。
 本格的にマンガを使って授業をするには、理数系よりも文科系の方がやりやすい感じがします。特に算数あるいは数学にマンガを使うのは難しい。しかし、『金田一少年の事件簿』や『名探偵コナン』などの推理もののマンガをよく見ると、実に論理的な思考を働かせて謎を解いていくのです。最初は『金田一』の方を使おうと考えたのですが、現場の先生から『金田一』は人を殺しすぎるから困るというので、『コナン』に注目したのです。
 『名探偵コナン 特別編1』に「誘拐」という話があります。小学生がワイドバンドレシーバーを持っていて偶然に、娘を誘拐したという脅迫電話の声を聞く。娘の命が危ないので、コナンたちは自分たちで犯人を探そうとする。レシーバーの受信範囲は半径1キロであることと、電話の背後にかすかに聞こえた電車の音から、線路沿いに被害者か犯人がいることを推理する。さらに、電車がコナンたちのいる踏切を通過してから8.2秒後にレシーバーから電車の音が聞こえてきた。電車は時速100キロで走っているから、秒速27.8メートル、掛ける8.2秒で距離を計算する。そして、被害者のマンションにたどり着き、犯人の居場所も発見し、娘を救出するという話です。
 授業では、電車の速さと通過時間から距離を計算するところを採り入れました。たまたま私が20年近く指導してきた千葉県習志野市の小学校の近くに電車が走っていて、踏切があり、ちょうどいいところに公園があったので、実際にこの公園に犯人がいると見たてて、子供たちに犯人を探させました。これは5年生でやりましたが、マンガのコマを読むだけではなく、楽しい授業が出来ました。
 次に、模擬授業をやってみたいと思います。これから体験していただく授業は、私が開発した中では最も全国的に広まっている授業で、色々なところで行われています。
 使うのは、かわぐちかいじさんの『沈黙の艦隊』の一部をコピーした紙が1枚だけです。国際的な危機の中で日本の進路をどう決めていくかということで、選挙で総理大臣を選ぶため、海渡一郎、竹上登志雄、河之内英樹、大滝淳という4人の党首がテレビ討論をする場面です。
 討論の最後にアナウンサーが4人に質問をします。「今、あなたの乗ったゴムボートが遭難し漂流しています。生存者は10名。救助を求めて大海原をさまよっています。ところが、この中の1人に伝染感染病が確認されました。感染すれば死に至る病であることも判明しました。放置しておけば残りの9人全員が感染する恐れがあります。ボートが救助される見込みは、今のところありません」この状況で、党首たちはどうするかというのです。
 4人はそれぞれこう答えます。
 海渡(自分が感染者なら自分からボートを下りると言った後)「いかなる極限状況であれ、少数を殺すことはできん。ならば、全員死すべきである。政治家に“私”などあり得ん」
 竹上「なるべく早くその感染者をボートから下ろします。私はこの行動の全責任を負います。1人でも多くの生命を守ること・・・それが政治です」
 河之内「全員従うという了解を得た上で、多数決の決議を行う。政治とは、ルールを設定しそれを守るということだ。感染者が自分であれ、他人であれ同じだ」
 大滝「私は人間であることをやめない。10人全員が助かる方法を考えます」アナウンサー「それはどんな方法ですか」大滝「分かりません・・・だが、考え続けます」
 では、会場の参加者を機械的に4つのグループに分けましたので、グループごとに4人の党首になりきっていただきます。さらに各グループの中を3つに分け、それぞれ分担して他の3人の党首を批判するために意見を交換してください。
 
以下模擬授業「沈黙の艦隊」の様子
 
 谷川――それでは、第1ラウンドです。各党首に対して他のグループから批判していただきますが、但し、たくさんの事を言わず1つだけにしてください。批判に対して反論しても構いません。まず、海渡さんに対して、竹上さんから批判してください。
 
 竹上――自分のドグマを人に押し付けて死を強要しようとする姿勢は許せません。
 
 海渡――誰もが少数になる可能性がある訳です。その中でどう判断するかといえば、少数意見も尊重されるべきです。
 
 竹下――全員死すべきというドグマを持っている人について行ったら危険です。
 
 大滝――海渡さんは、全員死すべきだと言いますが、政治家である前に人間であることを忘れては困ります。
 
 海渡――少数を見殺しにすることも、人間であるから出来ないのです。
 
 大滝――それで全員死すべきというのは極論です。極力努力すべきではないでしょうか。
 
 海渡――すでに極限状態にある訳ですし、病気がすでに蔓延している可能性もあります。
 
 河之内――他の人に考える余地を与えない、海渡さんの考え方はあまりにも独断的すぎます。人の考えを少しも尊重していないのではありませんか。民主的ではありません。
 
 海渡――少数意見を尊重するのは、やはり民主的な考え方の1つです。
 
 谷川――では、次に竹上さんに対して、順番に批判をしてください。
 
 海渡――竹上さんに言うべきことは、少数者を見捨てていいのか。我々が社会的生活を送る上で、多数のために少数者、弱者を切り捨てていいのか、ということです。
 
 竹上――この場合は極限状態にあること、全員が死ぬか生き残るかの瀬戸際ですから、政治家としてはなるべく多くの人が助かるための選択として、仕方がない。結果的に少数者を殺すという選択で、自分自身が政治家としてその責任を負います。
 
 大滝――1人を下ろすということは、多数決で決めるようになると思いますが、それは人間として非常に残酷ではないかと思います。
 
 竹上――残酷だとしても、より多くの人間を救うために他の選択はありえない。また、1秒でも早い決断が必要である時には、政治家が全責任を負って決断をすべきだと思います。
 
 大滝――それを通すのは冷酷だと感じます。
 
 竹上――全体を救うためですから、冷酷ではないと思います。
 
 河之内――1人でも多くの生命を救うことが政治だとおっしゃっているが、その場合の1人には感染者は含まれないのですか。また、感染者に対する責任はどう取るのですか。
 
 竹上――マンガの絵を見るとみんな救命胴衣を着ているので、これを繋いでボートを作り患者を乗せるのであって、直ちに殺すというのではありません。患者が死んでしまった時には、責任をとって議員を辞めます。
 
 谷川――では、河之内さんに対する批判をしてください。
 
 海渡――リーダーに立候補するつもりなら、まず自分の考えを言ってください。その上で多数決ということではないですか。
 
 河之内――皆さんの考えを尊重することが、自分の考えです。
 
 海渡――みんな辛い中で自分の考えを述べているのです。自分の考えを述べずに多数決というのは卑怯だ。私(海渡)も竹上さんもさんざん批判されていますが、それでも言わなければいけないのがリーダーです。それが出来ないのであればリーダーの資質に欠ける。
 
 竹上――多数決は民主的だが、1分1秒を争う極限状態では、時間がかかりすぎて結論が出ないという最悪の事態に陥る可能性があるのではないですか。強力なリーダーシップが必要ではないでしょうか。
 
 大滝――多数決をするにはまず皆で話し合うべきですが、この場合は個人の利益を考えて、感染者が直ぐに下ろされてしまうことになりかねません。多数決をする以上は、私(大滝)のように最後まできちんと話し合いをすべきです。
 
 河之内――考え続けているのでは、直ぐには決まりません。
 
 谷川――最後に、大滝さんに対する批判をしてください。
 
 海渡――大滝さんはすばらしい人道主義者だと思いますが、この場合は10人が助かる方法を考えれば考えるほど全員の命が危なくなる。敢えて言えば、安っぽいヒューマニズムではないでしょうか。リーダーとしては決断力が必要です。
 
 大滝――政治は人間が行うものですから、ヒューマニズムを捨ててしまっては政治ではないと思います。
 
 海渡――平和時においてはそれが政治の目標ですが、極限状況ではリーダーの決断力が大事ではないでしょうか。
 
 竹上――やはり政治家として、党首として、即断即決が求められると思います。こうした緊迫した状況で考え続けることは不可能です。無責任とは思いませんか。
 
 大滝――考え続けるとは言っていますが、とにかく思い付いたことをどんどん言ってみて、一番良いものを採択すればよいでのはないでしょうか。
 
 竹上――今、思い付いたことを言ってください。
 
 大滝――先ほど言われたように、簡易的な救命ボートを作るというのは考えました。もしその人を世話する必要があるなら、その場で私が立候補します。
 
 河之内――考え続けるうちに全員に感染し、最終的に全員が死んでしまうかもしれませんから、リーダーとしてどこかで結論を出さなければいけないと思います。
 
 谷川――ここまでが第1ラウンドで、基本的に人の意見の矛盾を突いていく形です。今日は出来ませんが、この後の第2ラウンドでは、相手のことも自分のことも自由に言い合います。そして最後は、これが普通のディベートと違うところですが、個人の意見で投票してもらいます。普通のディベートの場合は、ある命題に対して議論をして、どちらが勝ったかとやりますが、私としてはそれはあまり意味がないので、むしろこの討論を通じて、自分たちの民主主義やリーダーシップ、政治、命などについて様々な角度から検討して、自分の意見が確かめられていくプロセスを大事にするという授業です。
 では、投票してもらいたいのですが、時間がないので手を挙げてもらいます。これは自分の意見で、誰がいいか選んでもらいます。白票も含めて選択肢は5つありますが、棄権はしないでください。
 
――それぞれ挙手――
 
 谷川――海渡さんが少なく竹上さんが多いですね。海渡さんのグループの人は、他を選んだ人が多いですが。
 
 海渡グループの女性――直ぐに決断するところが、納得出来ないので。
 
 谷川――白票の人もいますか。
 
 海渡グループの男性――これだけの条件が分かっている時に、感染者がじっとしているのは卑怯だと思います。
 
 谷川――なるほど、自分でボートを下りることを決めろと言う訳ですね。
 こういうことを、私自身は小学校6年生でやりましたが、やはりちょっと難しいですね。中学生でも高校生でも、学校の先生を対象にしてもいいです。どこでも出来ます。顕著な傾向は小学校、中学校前半ぐらいは、大滝さんに投票する人が圧倒的に多いです。ヒューマニズムです。例えば、開発と環境といえば、子供は環境の支持に回ることが多いです。自然を守れというのは分かりやすいからです。開発は難しいですね。同じように、どうやっていいか分からないけれど、命を守れというのは分かりやすいからです。しかし、年齢が上がって社会経験が増えると、竹上さんが多くなります。政治には決断力が必要だということですね。今日も、そういう傾向が見事に出たと思います。
 ちなみに子供たちは、中身は別にして、最初のうちは河之内や大滝のようなタイプの顔に親近感を持つらしいです。海渡や竹上は、いかにも政治家タイプですから。それはマンガの絵のイメージで、そう受け取るのですが、実際に話し合いをしていくと内容に入っていきます。
 笹本先生、この授業に対するご感想をお聞かせ下さい。
 
 笹本――大変素晴らしい授業だと思います。ただ、この場合、教材がマンガである必要があまり感じられません。今、少し言われましたが、顔立ちを描いていますから、そこで表現を持つのがマンガです。それについてはもちろん谷川先生もお考えになっていることは分かります。しかし、たまたまディベートを題材にしたマンガがあって、それを持ってきたということであって、仮にマンガでない教材であったとしても成り立つような気がします。つまり、マンガというメディアの特徴を生かしているかということです。
 
 谷川――おっしゃる通りで、マンガでなくても出来ます。しかし、マンガであるが故に、子供には情報が分かりやすいということがあります。例えば、この場面の状況設定は、言葉で言っても子供にはイメージが湧かないと思います。しかし、この絵を見れば、1分で分かります。これはマンガという絵のメディアの特性を生かしていると、私は考えています。
 最後に、日下会長のご意見を伺いたいと思います。
 
 日下――マンガを使ったことでイメージが決まってしまって、どこかに偏るといけないという意見に対しては、マンガを使わなければ各自のイメージで議論することになり、そこにはどんな先入観が含まれているか分からない。絵があることで、みんなが同じイメージで議論したことが分かる訳ですから、マンガで条件を揃えることに意味があると思います。
 
 参加者1――先週、NHKスペシャルでトラック島の話がありました。戦艦大和や武蔵がトラック島に集まるというので商船が給油に行ったが、大和も武蔵も来なかった。そして、トラック島に住んでいた女性と子供、兵士の一部を日本に帰そうとしていた船が千数百人を乗せていて、アメリカ軍に沈没させられた。そして、救命ボートにいっぱい乗って漂っている時に、女性が3人波間に漂っていたのです。救命ボートにいた18歳、19歳の兵士たちが女性たちと代わって海に入り、結局、少年たちは死んでしまったそうです。
 この授業でも、子供たちにそういう現実があったことまで話をされたらいいのではないかと思います。
 
 谷川――よい話を伺いました。ありがとうございます。
 これで午前中のプログラムを終了します。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,552位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
2,691

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.2001年度『シンポジウム「心に残るこの一冊」』
2.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第1回“マンガで育つ人間力”?
3.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第2回“うちの学校ではマンガが正課”?
4.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第4回“マンガの光と影・害悪、影響も考える”?
5.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第5回“マンガ館の教育的活用・学社融合の要”?
6.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第6回“NHK子どもがつくるキャラクター・課外授業ようこそ先輩より”?
7.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第7回“パソコンでマンガを描こう! 日本の絵筆が世界標準! デジタルコミック展開!”?
8.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第8回“マンガは世界に何をプレゼントできるか?”?
9.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第1.2回“マンガ学科のシミュレーション及びモデルケース”
10.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第3回“マンガ・アニメグローバル戦略と新ビジネス構想”
11.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第6回“マンガ教育論”
12.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第7回“新文化外交論”
13.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第8回“マンガリーテラシー論”
14.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“アニメプロデューサー論”
15.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“産業論”
16.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“マンガ編集論”
17.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第11回“新マンガ時代論・コンテンツ産業論”
18.2003年度「ENTERTAINMAENT GOES POP」
19.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第10回“モデル人材論”
20.2005年度キャラクター創造力研究会翻訳
21.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会翻訳
22.SYLEF Newsletter No.15,No.16,No.17
23.日本の知的・文化的国際協力に関する総合戦略
24.日越関係発展の方途を探る研究
25.「日ロ関係打開の手法?好手と禁じ手」に関する研究
26.大学初年次における「自己表現・評価トレーニング」の導入に関する緊急提言
27.日本にとっての難民・避難民対策の研究
28.北方4島「ビザなし交流」専門船の建造と活用法に関する提言
29.ベトナム戦争と文学?翻弄される小国
30.延辺朝鮮族自治州と北朝鮮東部経済に対する日本の政策研究
31.中国の海洋政策と日本 ?海運政策への対応?
32.フィリピン日系人支援の方策についての研究 ?両国におけるアンケート調査を通じて?
33.戦略的広報外交のすすめ ?中国のプロパカンダへの対応を中心に?
34.大都市の危機管理体制(町守同心)のあり方に関する研究
35.小国の地政学 ?秘境・ブータンはなぜ滅びないか?
36.港湾?河川における水上交通創出のフィージビリティーモデル研究
37.民からのローカルガバナンス研究 ?地方再生に向けた政策連携の胎動?
38.文化産業を育成する知的財産に関する調査研究
39.団塊世代をはじめとする市民力の活用による作業所ビジネスの活性化方策研究
40.若手コミュニティ・プロデューサーの実態と活用に関する調査研究 ?若者が育ち活躍する地域のパワーを育てるために?
41.トルコの西ユーラシアにおける外交政策と戦略 ?中東の平和構築における日本・トルコの協力関係を模索する?
42.パラオ共和国における廃自動車適正処理の推進と自動車輸入管理システムの確立
43.次期政権に対する外交・安全保障政策に関する緊急提言
44.地域金融と地域づくり
45.南・北朝鮮、同時崩壊か?
46.日本の難民受け入れ過去・現在・未来
47.「日本人のちから」Vol.32(2006年5月)特集「ご破算力」
48.「日本人のちから」Vol.33(2006年6月)特集「評価力」
49.「日本人のちから」Vol.34(2006年7月)特集「対決力」
50.「日本人のちから」Vol.35(2006年8月)特集「家族力」
51.「日本人のちから」Vol.36(2006年9月)特集「牽引力」
52.「日本人のちから」Vol.37(2006年10月)特集「先手力」
53.「日本人のちから」Vol.38(2006年11月)特集「実行力」
54.「日本人のちから」Vol.39(2006年12月)特集「伝達力」
55.「日本人のちから」」Vol.40(2006年最終号)特集「日下公巻頭言集」
56.SYLEF The First Twenty Years
57.Proceedings SYLEF Program Administrators Meeting
58.2005年キャラクター創造力研究会報告書
59.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会報告書
60.新規範発見塾 Lecture Memo vol.26
61.新規範発見塾 Lecture Memo vol.27
62.新規範発見塾 Lecture Memo vol.28
63.鎖国前夜の海の物語
64.巨大船沈没す
65.海賊 村上一族 盛衰記
66.北前船奔る 日本海自由経済圏を創った男たち
67.琉球の時代 大交易立国の輝き
68.マラッカ海峡 世界が出会う海の交差点
69.波濤の先を見た男 海の民・ジョン万次郎の旅
70.海駆ける千石船 現代の商品経済は江戸の海で始まった
71.黒潮紀行 POWER of TAIWAN
72.完全密着! 海上保安庁24時
73.消える九十九里浜 死に瀕する日本の渚
74.日本をひとつに 流通革命を起した河村瑞賢
75.国境の島・対馬 海峡の攻防二千年史
76.海上自衛隊24時 インド洋派遣と初の戦時下活動
77.検証!北朝鮮工作船
78.サムライたちの小笠原諸島 幕末の外交決断
79.松陰、ペリー暗殺を謀る 黒船来航150年目の真相
80.もう一つの日本海海戦 -アルゼンチン観戦武官の記録-
81.大陸の発想VS島国の発想
82.壁を取り除きたい?第二回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から