日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 哲学 > 心理学 > 成果物情報

新規範発見塾 Lecture Memo vol.28

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


新規範発見塾(通称 日下スクール) vol.28
本書を読むにあたって
「固定観念を捨て、すべての事象を相対化して見よ」
――日下公人
 これからは「応用力の時代」であり、常識にとらわれることなく柔軟に物事を考える必要がある。それには結論を急がず焦らず、あちこち寄り道しながら、その過程で出てきた副産物を大量に拾い集めておきたい。
 このような主旨に沿ってスクールを文書化したものが本書で、話題や内容は縦横無尽に広がり、結論や教訓といったものに収斂していない。
 これを読んだ人が各自のヒントを掴んで、それぞれの勉強を展開していただけば幸いである。
(当第28集は、2007年1月から3回分の講演を収録している)
 
KUSAKA SCHOOL
 
第119回 「債権大国・日本」のアキレス腱
(二〇〇七年一月十八日)
「世界一の債権大国」とは、どういう意味か
 日本は世界一の債権大国です。GNPは五〇〇兆円ですが、それとは別に官民合計で五〇〇兆円のお金を世界中に貸している。それを返してくれたら、一年間働かなくてもいい。そのくらい国に貸しています。
 もしも一〇%ずつ利息をくれたら、それだけで五〇兆円が入ってきます。五%なら二五兆円、これは所得税収入の総額に匹敵します。
 ・・・というぐらい気前よく外国に貸したり、投資したりしています。
 日本は世界一の債権大国になっている。それなのに、あらゆる議論にその自覚がない。相変わらず日本は貧乏だとか、輸出をして金を稼がなければいけないという議論ばかりですが、そういう話は遅れています。
 もう一つおかしいのは、「金を貸してあげた。投資してあげた。援助してあげた。だからみんなは感謝しているはずだ、みんな日本の味方のはずだ」と思っている。
 これは大間違いです。金を貸すと嫌われる、という、こんな当たり前のことをどうして忘れているのか(笑)。踏み倒されるに決まっているだろう、と思っています。
 ところが霞が関などにいる人は、みんな育ちがよくて、そう思わないらしい。全員そういう雰囲気ですね。外務省などはほとんどクレイジーではないかと思います。「お金を貸してあげたら、大統領が感謝していました。大変いいことをしました」と、そんなことばかり滔々と言っている。
 二人きりになったとき、「感謝しているのは大統領とその親戚でしょう」と言うと、「そうです」と言う。「そこの国民は何も知らないでしょう」「そうです」。「では、なぜそれを言わないのか」「大統領が感謝していれば、それでいい」という答で、つまり形式主義ですね。
 ODAや外務省の悪口を言っているのではなく、日本人全部がそういう国です。つまり、金持ちになって人に金を貸した経験がない。たいていは「借りて、なんとかまじめに返しました。私は立派な人間です」という人ばかりです。こんな国は世界中にないのです。こんな立派な人たちは、日本の他には滅多にいないということを知らない。
 ですから、政策研究会や、日本国の将来を考えようという会は、あっちにもこっちにもあるが、それに参加すると「全部、根本が抜けている」と思わされます。
 金を貸す国はどうあるべきかという議論が全くない。
 「金を借りたらまじめに返す国」の話ならみんな知っているが、貸したら踏み倒されたときどうするか、とか、そのときカッとしない練習とか、やんわり取り返す方法とかを誰も研究していない。それではあまりにもまじめ過ぎる、というわけで、今日はこういうテーマにしました。
 
「日本は原子爆弾を持て」という結論になる
 おもしろい話がたくさんあるのですが、一時間半のうちに結論まで行かなければいけない。だいたい二六ぐらい階段を登ってもらわないと困る・・・、その二六の階段を手っ取り早く言いましょう。
 そして最後に、二六の階段を登ったらそこに何があるかと言えば、「日本は原子爆弾を持て」という結論があるのです。するとびっくりしますね。「ちょっと、待ってくれ。どこかで騙されているのではないか」と。「それなら、階段を途中でおりたい人は、ここでおりてください」という話もいたします。一つ一つ賛成していると、そこまで行ってしまいますから、このへんで引き返して別の議論をしてもいいですよ、という箇所を申し上げます。
 こういうのを論理的な議論と言います。しかし、論理をどんどん詰めていくと、やがて思いがけない結論になりそうだと予感する力が、日本人は世界で一番発達しているらしい。だから、途中でやめてしまうのですね。そういう結論にならないよう、途中下車をしようという・・・予知能力がすごい。いつも途中下車のことを考えながら前へ進むので、日本の議論は迫力がない。
 外国人と議論するときは、かまわず言ってしまうほうがいいのです。「順番どおりいけばこういう答になる。それでいいか」と。そういう論理的な議論が外国人とはできます。ところが、日本人の間ではできません。「あなたは、ちょっと変じゃないか」と言われてしまいます。「人物はどうでもいい。論理を聞いてくれ」ということにならない。それを一番よく見破ったのが中国人です。「日中友好親善」とか、「感謝、感謝」と情緒的なことを言えば、日本人はそれで済むということを中国人は見破っている。
 
拉致問題の一線を安倍首相は譲っていない
 どうも、話がすぐ横にそれそうになって困るのですが、「安倍首相は大丈夫か」とみんな思っていますね。私もそう思っています。たしかに大丈夫でないところもある。しかし皆さん、テレビで見たと思いますが、この前ASEANの会議で安倍さんと韓国の大統領と中国の温家宝首相、三人そろってテレビに出ていたでしょう。一目瞭然、安倍さんは自信満々。この二人はもう押さえたという顔をしていましたね。二人は押さえられたという顔をしていました。そういうのは顔ですぐにわかるものです。
 何があったのかな、とこの二、三カ月の新聞をもう一回、読み返してみる必要がある。読み返すまでもなく思い出すのは、安倍さんが首相になってすぐ北京へ行ったとき、すっかり腰砕けで帰ってきたという報道になっています。しかし総合雑誌を読むと、そのときは温家宝首相に対して「拉致問題は中国だってありますね。厦門はどうですか」と一言、言っているという。これがどんなに鋭い一言か、たぶん周りの多くの人はわからないでしょうね。わからないから、新聞に載らない。どこかには載ったかもしれませんが。
 こんな外交は、外務省は絶対しませんから、外務省の反対を押し切って、安倍さん一人でやったことに違いない。側近の人に聞くと笑っていましたから、「そうだ」という意味でしょう。つまり、六カ国協議で日本が主張すべきことは拉致問題である。北朝鮮の原子爆弾よりそちらのほうが大事だという一線を、安倍さんは譲らない。昔からそうだが、変わっていない。しかし外務省はそんなことはお茶を濁して、ごまかして、握手して終わりたいわけです。
 「拉致された中国人が厦門にもいる」と中国に言うのは、「おまえも一緒になって戦え」という意味です。北朝鮮に対して言うべきことは、拉致と原爆で、日本は両方大事だが「中国だってその問題があるのだから、一緒になって北朝鮮に拉致問題を言おうじゃないか」と日本が言うことを、外務省はとめる。「そんなことを言ったら、できる話もできなくなります」と。
 しかし、「できる話とは何か。これをやらないで、他にやることがあるのか」という一線を安倍さんは昔から譲っていない。全く譲っていない。それを国民は高く買っているわけで、外務省がとめるのも聞かず、温家宝の顔を見るなり、いきなり「拉致問題はあなたのところにもありますね」と言った。これは一歩も二歩も前進しています。
 そのとき、温家宝さんは「まだ詳しい報告は受けていない」と答えた。「知っている」と言ったら、「では、一緒になってやろう」と言われてしまいます。しかし「知らない」と言ったら、「自分の国のことを知らないのか。もう一回、よく調べろ」と言われてしまいます。
 それから、それを首相が言い出さないようにと、日本の外務省には厳命しておいたのに駄目だったか、と思ったことでしょう。新首相は自分で動く人だと思ったことでしょう。


目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,432位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
964

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.2001年度『シンポジウム「心に残るこの一冊」』
2.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第1回“マンガで育つ人間力”?
3.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第2回“うちの学校ではマンガが正課”?
4.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第3回“マンガを使った魔法の(チャレンジ)授業”?
5.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第4回“マンガの光と影・害悪、影響も考える”?
6.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第5回“マンガ館の教育的活用・学社融合の要”?
7.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第6回“NHK子どもがつくるキャラクター・課外授業ようこそ先輩より”?
8.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第7回“パソコンでマンガを描こう! 日本の絵筆が世界標準! デジタルコミック展開!”?
9.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第8回“マンガは世界に何をプレゼントできるか?”?
10.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第1.2回“マンガ学科のシミュレーション及びモデルケース”
11.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第3回“マンガ・アニメグローバル戦略と新ビジネス構想”
12.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第6回“マンガ教育論”
13.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第7回“新文化外交論”
14.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第8回“マンガリーテラシー論”
15.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“アニメプロデューサー論”
16.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“産業論”
17.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“マンガ編集論”
18.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第11回“新マンガ時代論・コンテンツ産業論”
19.2003年度「ENTERTAINMAENT GOES POP」
20.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第10回“モデル人材論”
21.2005年度キャラクター創造力研究会翻訳
22.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会翻訳
23.SYLEF Newsletter No.15,No.16,No.17
24.日本の知的・文化的国際協力に関する総合戦略
25.日越関係発展の方途を探る研究
26.「日ロ関係打開の手法?好手と禁じ手」に関する研究
27.大学初年次における「自己表現・評価トレーニング」の導入に関する緊急提言
28.日本にとっての難民・避難民対策の研究
29.北方4島「ビザなし交流」専門船の建造と活用法に関する提言
30.ベトナム戦争と文学?翻弄される小国
31.延辺朝鮮族自治州と北朝鮮東部経済に対する日本の政策研究
32.中国の海洋政策と日本 ?海運政策への対応?
33.フィリピン日系人支援の方策についての研究 ?両国におけるアンケート調査を通じて?
34.戦略的広報外交のすすめ ?中国のプロパカンダへの対応を中心に?
35.大都市の危機管理体制(町守同心)のあり方に関する研究
36.小国の地政学 ?秘境・ブータンはなぜ滅びないか?
37.港湾?河川における水上交通創出のフィージビリティーモデル研究
38.民からのローカルガバナンス研究 ?地方再生に向けた政策連携の胎動?
39.文化産業を育成する知的財産に関する調査研究
40.団塊世代をはじめとする市民力の活用による作業所ビジネスの活性化方策研究
41.若手コミュニティ・プロデューサーの実態と活用に関する調査研究 ?若者が育ち活躍する地域のパワーを育てるために?
42.トルコの西ユーラシアにおける外交政策と戦略 ?中東の平和構築における日本・トルコの協力関係を模索する?
43.パラオ共和国における廃自動車適正処理の推進と自動車輸入管理システムの確立
44.次期政権に対する外交・安全保障政策に関する緊急提言
45.地域金融と地域づくり
46.南・北朝鮮、同時崩壊か?
47.日本の難民受け入れ過去・現在・未来
48.「日本人のちから」Vol.32(2006年5月)特集「ご破算力」
49.「日本人のちから」Vol.33(2006年6月)特集「評価力」
50.「日本人のちから」Vol.34(2006年7月)特集「対決力」
51.「日本人のちから」Vol.35(2006年8月)特集「家族力」
52.「日本人のちから」Vol.36(2006年9月)特集「牽引力」
53.「日本人のちから」Vol.37(2006年10月)特集「先手力」
54.「日本人のちから」Vol.38(2006年11月)特集「実行力」
55.「日本人のちから」Vol.39(2006年12月)特集「伝達力」
56.「日本人のちから」」Vol.40(2006年最終号)特集「日下公巻頭言集」
57.SYLEF The First Twenty Years
58.Proceedings SYLEF Program Administrators Meeting
59.2005年キャラクター創造力研究会報告書
60.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会報告書
61.新規範発見塾 Lecture Memo vol.26
62.新規範発見塾 Lecture Memo vol.27
63.鎖国前夜の海の物語
64.巨大船沈没す
65.海賊 村上一族 盛衰記
66.北前船奔る 日本海自由経済圏を創った男たち
67.琉球の時代 大交易立国の輝き
68.マラッカ海峡 世界が出会う海の交差点
69.波濤の先を見た男 海の民・ジョン万次郎の旅
70.海駆ける千石船 現代の商品経済は江戸の海で始まった
71.黒潮紀行 POWER of TAIWAN
72.完全密着! 海上保安庁24時
73.消える九十九里浜 死に瀕する日本の渚
74.日本をひとつに 流通革命を起した河村瑞賢
75.国境の島・対馬 海峡の攻防二千年史
76.海上自衛隊24時 インド洋派遣と初の戦時下活動
77.検証!北朝鮮工作船
78.サムライたちの小笠原諸島 幕末の外交決断
79.松陰、ペリー暗殺を謀る 黒船来航150年目の真相
80.もう一つの日本海海戦 -アルゼンチン観戦武官の記録-
81.大陸の発想VS島国の発想
82.2007年度犯罪被害者に対する直接的支援活動の普及と定着
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から