日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

競艇沿革史

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


賃金の値下げ その七
 我が競走会では、売上げ不振の結果、会長以下全従業員の給与の引下げを断行せざるを得ない破目に立至った。丁度昭和二十九年坪内会長の終末期で、一日平均売上げ二百万円を下回るという不況振りで、加えて当時は二百万円余の赤字を抱えており、その対策について数次の役員会や総会にも図り、又施行者との委任契約の是正に努める等、百方手を尽したが及ばず、会は秋風落莫実に心細い運営であったのである。そこでこの打開策として行なわれたのが売上げ不振に関する懇談会で、全連より笹川会長(当時副会長)原田競技部長、青木次長、長崎海運局春山船舶課長、施行者側より大村市長、川崎助役、事業課長、競走会全役員が出席して慎重なる協議を行ない、当面の漸定法として全執務員の給与引下げが発議され、その後七月十七日の役員会で、別記の如き引下げ基準を決定発表となったのである。世は挙げて待遇改善やべースアップに明け暮れておる折柄独り競走会では、困窮の極み、ついに来るべき処に来たのである。一方将来の光明を待望して、全国での最低給与に甘んじて来た職員や従業員は全く寝耳に水の大問題であり種々話合いが行なわれ、特に従業員組合では実状が会の経営困難である事と、担当役員が率先範を示した事等、円満裡に話が進められ、別示の如く無事妥結を見たものである。この事たるや真に労資協調の現われであり当時の役職員、従業員の心構えには深甚なる敬意と感謝の意を表するものである。
 当時の担当役員は
会長 坪内 八郎
専務理事 荒木 徳五郎
常務理事 金富 文太郎
常任監事 万谷 秀男
 昭和二十九年七月十七日役員会で、売上げ不振に基づく会長以下常務役員の報酬引下げを、次の通り決定した。
一 会長、副会長 無報酬
会長に対しては従来の支給額を勘案して東京に於ける滞在費、交通費、交際費等適正額を支出、副会長には定額の交際費を支給する。
二 専務、常任監事は五割に切下げる。
三 常務は二割を切下げ選手監督を兼任させる。
四 一般執務員二割減、一日二百円以上のアルバイトも二割減とし、アルバイトの最高給与は四百五十円に止め特に之以上支出の要ある者に対しては、役員会の承認を要する。
 
給与引下げの対照
引下げ前の給与 引下げ後の給与
会長 月酬二万円 交際費 二万円 無報酬
但し会要務の交際費、通信費等
副会長 〃五千円 〃  五千円  〃
限度の交際費を認める
専務理事 三万円 五割減
常務理事 二万五千円 二割減
レース中、選手監督兼任
常任監事 二万円 五割減
 
 外に専務理事常務理事に対し必要なる交際費を認める。
審判員より給与改訂に関する申出
審判員 岩永 要
〃 辻 実
〃 井上 武治
会長 坪内八郎宛
七月二十一日付、金富常務理事より口頭で通達しました給与改訂につきましては、其後綿密に協議致しました処競走会の窮状も常々耳に致しており、今回の減額の処置に対しましては会長以下率先垂範された事に就きましては、私達は唯敬服致すものであり、会の方針ともあれば当然之に協調相和して行くべきものと思いますが、次の様な理由によりまして更に之を再検討されて然可く善処されるよう御願い致します。
理由
(一)登録審判員は他競走場の審判員との均衡上創設当初より選手の一ヵ月最低収入を確保する様に全連に於ても指示されたものでありまして、私達も職業として一見易き様に見へて其の実至難な業務に服しておるものであります。
(二)競走会の危急存亡の時なれば当然減員出来るものは減員して競走の運営面に直接タッチしている者を真に安心して業務に服せしむることこそ、競走の根本である公正安全なるものと深い関連を有するものと思います。
(三)将来競走会の発展も役員のみにて出来るものでなく審判部も競技部も皆一丸となって始めてその成果を挙げ得る事は申すまでもありません。現在選手の育成其他技術の再教育に対しましても、あらゆる面に於て選手と競走会は不可分の関係にありますので、他レース場に於て実施しております前記の教育や、法規の解釈競走技術の練磨等も平素より審判部に於て実施致したく、七月二十一日金富常務より口達されました、職員として常時出て選手と会い、及び一般ファンとの中間にあって連絡等の業務を担当させ、私達を有効に活用していただき度いと思います。
以上の理由から結論を申上げますと、此様に絶えず不安定な気持ちでは落着いて服務する事もできず公正安全なるレースの構成も出来なくなるおそれもありますので少くとも最低生活の保証だけはやらしていただいて安心して服務出来る様御高配賜らん事を御願い致します。
なお此の減額改訂につきまして収拾の方途がないということになれば当方と致しましても真に死活問題となりますので、先般全連考査室から通達も出ておる事でありますので、後刻改めまして理由を具し、他方競走会にある身分の転籍方を請願致したいと存じます。
従業員日当減額について回答
昭和二十九年七月二十三日
長崎県モーターボート競走会大村競技場
従業員組合長 富島東二
坪内会長宛
七月二十一日貴会金富常務理事殿より従業員日当減額の御通達により当組合としては本件に対し慎重協議の結果次の結論を得ましたので御回答致します。
 日当二割減、最高四百五十円を支給の限度とするの件はこれを白紙還元され、改めて貴会と当組合との協議方を要望する。
理由
吾等従業員の組合結成は、去る五月貴会の昭和二十九年度通常総会前、既に関係当局に届け済みで御承知の事と存じます。当組合は貴説の通り諸費節減の線に協力するには決して吝かでなく寧ろ進んで協力する用意と意志を持っているのでありますが、現日本の民主主義的立場及び労働基準法等の根拠的解釈からして双方が会合、相互間忌憚なき意見の交換をし、理解の上に決定せられるを妥当と考へるからであります。
附記
1 本協議には貴会側より専務、常務の両理事並に開催各役員の御出席を希望します。
2 協議会の日時、場所等について貴会に一任致しますが可及的速かに開催方を願います。
 以上附記した各要望書に基づいて双方間に数度の折衝と検討の末次表の如き結論に到達、円満決定に至ったものである。
 
開催執務員減給表(昭和29・12現在)
区別 員数 給料 開催日数 一日平均 減給
執務役員 3 18,000 12 1,500 5,800
審判員 3 40,950 12 3,400 1,900
従業員 44 49,345 12 12,400 8,130
208,295 17,300 15,900


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
48位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
210,662

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 CANPAN挨拶及びそらべあトークセッション
2.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 石原可奈子演奏及びトーク
3.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 田中正敏&プチパヴィヨン演奏、田中正敏トーク及び石原可奈子&プチパヴィヨン演奏
4.競艇と日本財団 ?公営競技は社会悪か?
5.テレビCM・福祉車両/介護編
6.こども未来会議しながわ 1
7.こども未来会議しながわ 2
8.NPO・企業パートナーシップセミナー/基調講演「元気な地域づくりと信頼される企業」
9.NPO・企業パートナーシップセミナー/パネルディスカッション「元気な地域づくりと信頼される企業」
10.NPO・企業パートナーシップセミナー/CANPAN CSRプラス紹介「元気な地域づくりと信頼される企業」
11.第2回 ブログ祭り CANPANブログ大賞授賞式
12.第2回 ブログ祭り CANPANブログ大賞授賞者パネルディスカッション
13.第2回 ブログ祭り 基調講演-笹川陽平-
14.全施協50周年記念誌
15.第5回 ブログ道場 -『Canpan』の紹介-
16.第5回 ブログ道場 -ブログ事例発表-
17.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第1部] ご挨拶/笹川陽平(日本財団 会長)
18.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第3部] CANPAN CSRプラスの概要・機能説明/町井則雄
19.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第4部] パネルディスカッション「CANPANでCSRはこう変わる」
20.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第2部] 基調講演「今、CSRにプラスすべきこと」川北秀人
21.ブログ道場 -ブログは社会を動かす情報発信ツール(対談:川北秀人・久米信行)-
22.ブログ道場 -『Canpan』の紹介-
23.ブログ道場 -ブログ講座(入門編)-
24.ブログ道場 -ブログを活用したこれからの情報発信-(上岡 裕氏)
25.ブログ道場 -『Canpan』の紹介-(第3回)
26.ブログ道場 -ブログ講座(入門編 其の二)-
27.第6回 ブログ道場  -シニア団塊の世代向けブログ講座-
28.第6回 ブログ道場  -「公益ブログの今がわかる」事例紹介-
29.第11回 ブログ道場 ご講演 脇坂先生「団体の信用度を上げる会計手法とは?」
30.第11回 ブログ道場  「CANPANのこれから」 講演 日本財団/町井則雄
31.第1回 企業・NPO協働推進セミナー ?CSRの考え方とその手法を学ぶ?
32.CANPAN道場12 みんみんファンドの秘密がいま明かされる!?NPOの信用創造機能とは? Part1
33.CANPAN道場12 みんみんファンドの秘密がいま明かされる!?NPOの信用創造機能とは? Part2
34.CANPAN道場13 ご講演 吉田先生「メルマガを使ったマーケティング力UPとは?」
35.ブログ道場特別版 -ブログ祭り-(第4回)
36.CANPAN道場15 林雄二郎先生のご講演
37.CANPAN道場15 CANPANについてのご案内
38.第16回CANPAN道場 「教育と海を考える」鹿児島県南大隈町立大泊小学校
39.第16回CANPAN道場 さおりとまいの東京旅行記(2007年8月11日 )
40.CANPAN第2回ブログ大賞
41.CANPAN第1回CSRプラス大賞
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から