日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

競艇沿革史

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


施設改善
 昭和三十九年、収容能力の限界が漸く表面化をはじめた年である。丁度博多港改修計画に基づく臨港鉄道が、レース場の西端、競技部門と事務所の附近を通る事になり、併せて移転、改築の具体的検討に入った。
 昭和四十年、開設以来、最大の転かん期といえる。用地取得、スタンド建設に総計八億円近い巨費を投入する事になり、附近の官民有地を総経費の半額をかけて買収、臨港鉄道引き込みに伴う減少分との差引計算で、余り広くはならなかったが、国有地の交換取得と敷地内にあった海上保安部官舎の移転を半年足らずで片付け、当事者の海上保安庁や北九州財務局から全く異例な事だと、あきれられたり感心されたりの一幕もあった。
 種を明せば、老巧化していた官舎を建て替えて戸数を増し、海上保安部の便宜を考えただけの事であるが、国の方も非常に協力してくれたし、ただ、これには又しても地元出身大臣!中村運輸大臣の完全なバックアップがあった。よくよく福岡競艇は運が良いと思う。
 隣接の福岡製氷も買収、開設以来の砕氷塔、もっとも此の頃では殆ど動いてはいなかったが、これが除去された。ここまでを年内一杯に終了。
 昭和四十一年一月から建築工事に着手。全面窓口、完全エアコンの投票所を備えたスタンドを完成。コーヒー、お絞りつき三百円の特別観覧席五百六十席も併設して、七月、こけら落としにモーターボート記念競走を開催、新スタンドは非常に好評を受け、折からの泰平ムードと空前の経済好況を反映し、売上は驚異的な急カーブを画き、再び上昇を始めた。
 
昭和41年7月に完成した新スタンド。全面窓口、完全エアコンの投票所が併設されている
 
イメージチェンジ
 昭和四十二年五月、どんたくシリーズで一日売上一億円を突破、以後一億円がべースとなった。又、改善を機に再び積極策を取り、毎月一節特選レースを開催、変化を与えて観客の好みに応えると共に、今回の積極策は若干行き方を変え、競艇事業そのもののPR、いいかえればイメージアップを図る事にしたのである。新聞広告に、正面きって競艇事業の有用性と娯楽性を訴え、機会ある毎に、これを繰り返した。更に年に一回、謝恩レースを行ない、目的レースと称して直接緊急な事業に収益金を投入して見た。第一回目は、玄界の孤島玄界島に通電施設をつけ、第二回、第三回目は学童交通安全のためガードレールを作り、交通教材に信号機セットを纒めて贈った。第四回目は成人病対策に癌検診車を寄贈、むしろ当然の事をしたと考えるべき事と思うが、非常に効果を挙げている。
客層の変化
 これと合わせ、観客層の向上というか、レベルアップも積極的に推進し、客層の開拓を図った事も改善後の新しい運営方針の一つとして考えられる。
 先ず、従来になかった新しい若年有閑層に的を絞ったのであるが、約二年間で完全に切替えに成功、場内に若いホワイトカラー、アベック、家族連れが多いのも、現在の福岡の特色といえるのではなかろうか。
 だが、今後の行き方としては、長期的展望に立った庶民の息抜きの場所、明朗な娯楽の施設としての運営を特に心掛けるべきであると思う。公営競技は庶民の娯楽として定着したようである。業界における大レース場としての責務もある。十六年の歴史を糧として、更により高き理念を求め事業の発展のために努力を続けて行きたいと思う。
 
福岡競艇発売額等調書
(拡大画面:78KB)
 
競艇事業益金の使途明細
(拡大画面:75KB)


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
48位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
210,662

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 CANPAN挨拶及びそらべあトークセッション
2.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 石原可奈子演奏及びトーク
3.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 田中正敏&プチパヴィヨン演奏、田中正敏トーク及び石原可奈子&プチパヴィヨン演奏
4.競艇と日本財団 ?公営競技は社会悪か?
5.テレビCM・福祉車両/介護編
6.こども未来会議しながわ 1
7.こども未来会議しながわ 2
8.NPO・企業パートナーシップセミナー/基調講演「元気な地域づくりと信頼される企業」
9.NPO・企業パートナーシップセミナー/パネルディスカッション「元気な地域づくりと信頼される企業」
10.NPO・企業パートナーシップセミナー/CANPAN CSRプラス紹介「元気な地域づくりと信頼される企業」
11.第2回 ブログ祭り CANPANブログ大賞授賞式
12.第2回 ブログ祭り CANPANブログ大賞授賞者パネルディスカッション
13.第2回 ブログ祭り 基調講演-笹川陽平-
14.全施協50周年記念誌
15.第5回 ブログ道場 -『Canpan』の紹介-
16.第5回 ブログ道場 -ブログ事例発表-
17.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第1部] ご挨拶/笹川陽平(日本財団 会長)
18.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第3部] CANPAN CSRプラスの概要・機能説明/町井則雄
19.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第4部] パネルディスカッション「CANPANでCSRはこう変わる」
20.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第2部] 基調講演「今、CSRにプラスすべきこと」川北秀人
21.ブログ道場 -ブログは社会を動かす情報発信ツール(対談:川北秀人・久米信行)-
22.ブログ道場 -『Canpan』の紹介-
23.ブログ道場 -ブログ講座(入門編)-
24.ブログ道場 -ブログを活用したこれからの情報発信-(上岡 裕氏)
25.ブログ道場 -『Canpan』の紹介-(第3回)
26.ブログ道場 -ブログ講座(入門編 其の二)-
27.第6回 ブログ道場  -シニア団塊の世代向けブログ講座-
28.第6回 ブログ道場  -「公益ブログの今がわかる」事例紹介-
29.第11回 ブログ道場 ご講演 脇坂先生「団体の信用度を上げる会計手法とは?」
30.第11回 ブログ道場  「CANPANのこれから」 講演 日本財団/町井則雄
31.第1回 企業・NPO協働推進セミナー ?CSRの考え方とその手法を学ぶ?
32.CANPAN道場12 みんみんファンドの秘密がいま明かされる!?NPOの信用創造機能とは? Part1
33.CANPAN道場12 みんみんファンドの秘密がいま明かされる!?NPOの信用創造機能とは? Part2
34.CANPAN道場13 ご講演 吉田先生「メルマガを使ったマーケティング力UPとは?」
35.ブログ道場特別版 -ブログ祭り-(第4回)
36.CANPAN道場15 林雄二郎先生のご講演
37.CANPAN道場15 CANPANについてのご案内
38.第16回CANPAN道場 「教育と海を考える」鹿児島県南大隈町立大泊小学校
39.第16回CANPAN道場 さおりとまいの東京旅行記(2007年8月11日 )
40.CANPAN第2回ブログ大賞
41.CANPAN第1回CSRプラス大賞
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から