日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

バルクキャリア安全対策・内航ケミカル船 新構造設備基準説明会資料

 事業名 船用品等に関する法令研究及び情報提供
 団体名 日本船舶品質管理協会  


バルクキャリア安全対策の強化について
国土交通省 海事局 安全基準課
 
1974年海上人命安全条約の1988年議定書の改正に伴う国内法令の改正について
 
貨物船へのイマーション・スーツの設置(SOLAS第III章)
国際航海に従事する総トン数500トン以上の貨物船*1
■最大搭載人員と同数のイマーション・スーツを設置。
■通常の収容場所から離れた場所に当直場所又は作業場所がある場合には、当該人員分を追加。
※救助艇の乗員用と兼用できる。
*1:SOLAS条約第III章が適用される船舶(旅客船以外)
 
国際航海に従事しない遠洋区域又は近海区域を航行区域とする総トン数500トン以上の貨物船*2(限定近海船を除く)
■最大搭載人員と同数のイマーション・スーツを設置。
*2:旅客船以外の船舶(もっぱら漁ろうに従事する漁船を含む。)
 
施行日:2006年7月1日
適用:新造船及び現存船
経過措置:施行日前に建造された船舶は、施行日以後最初のSE検査(定期検査又は中間検査)までは適用されない。
 
バルクキャリアの安全措置(SOLAS第X II章)
 
「ばら積貨物船」の定義の変更
 
適用対象:
・国際航海に従事する総トン数500トン以上の船舶
・国際航海に従事しない遠洋区域又は近海区域を航行区域とする総トン数500トン以上の船舶(限定近海船を除く。)
施行日:2006年7月1日
経過措置:2006年7月1日より前に建造された船舶は、改正前の規定(定義)による。
 
二重船側構造のばら積貨物船に関する規定の追加
 
その他、追加された要件
 
その他の追加要件
 
「ばら積貨物船」の定義の変更に伴い、新定義のばら積貨物船に要求される主なもの(2006年7月1日以降の新造船)


目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,792位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
4,622

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.バルクキャリア安全対策・内航ケミカル船 新構造設備基準説明会 開催結果
2.「ノンバラスト船の研究開発」研究成果概要報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から